藤沢版 掲載号:2019年7月19日号 エリアトップへ

HONKI University 障害児と交流 カヌーで続け

社会

掲載号:2019年7月19日号

  • LINE
  • hatena
配備式で財団や市関係者と記念撮影するメンバーら
配備式で財団や市関係者と記念撮影するメンバーら

 障害のある子も、そうでない子も日曜日は皆でカヌーを楽しもう――。10年以上に渡り、辻堂海浜公園一角にある人工池でカヌーの体験会を開いている団体がある。これまでに160回を超える体験会を開催し、参加者数はのべ4万5千人以上。障害や年齢の垣根を越えて、パドルスポーツの楽しさや素晴らしさを伝えている。

 主催は「NPO法人HONKI(ホンキ)Univer(ユニバー)sity(シティー)」(梅原洋陽代表理事)。(公財)県公園協会などと共催で、毎年5・6・9・10月、園内の「サザン池」を会場に重度障害者でも楽しめる「ユニバーサルカヌー」と呼ばれるカヌーを使って体験会を開いている。

 取り組みが産声をあげたのは10数年前。当時湘南工科大学教授だった和田精二さん(74)らが障害児や高齢者でも楽しめるユニバーサルカヌーを開発したことから始まった。和田さん自身も長年普及に携わり、現在はバトンを同法人に引き継いだ。「ここは垣根なく水に親しむ場の入口。皆さんの協力あって、ここまで来たのだと思う」と和田さんは目を細める。

 体験会はこれまでのべ1500人近くの障害児が参加する地域イベントに定着。今年度からは海洋スポーツを通して青少年育成に取り組む「B&G海洋クラブ」としての活動もスタートさせた。

 先月23日にはB&G財団からスタンドアップパドルボード(SUP)など舟艇器材が贈呈。式典で梅原代表は「体験会の認知も高まり、今や多くの人に活動への思いが共有できるようになった。今後はさらに活動の幅を広げたい」、また車いす利用者で活動に参加して9年目になる岩堀聖さん(22)は「例えばラフト(ボートの一種)は皆と息を合わせないと前に進めない。協力する大事さや楽しさを学んだ」と話した。

 この日は配備された器材がお披露目されたほか、一般参加者を対象にしたカヌーやSUPの体験会も行われた。

式典後には寄贈されたカヌーやSUPの体験会も行われた
式典後には寄贈されたカヌーやSUPの体験会も行われた

藤沢版のローカルニュース最新6

天高く舞え 相州藤澤凧

天高く舞え 相州藤澤凧 文化

伝統受け継ぐ保存会

1月22日号

キッチンカーが営業再開

本庁舎市民広場

キッチンカーが営業再開 経済

1月22日号

藤沢で結成、3人組バンド

藤沢で結成、3人組バンド 文化

タワレコが注目株で紹介

1月22日号

オンラインで児童絵画展

温暖化対策の啓発動画公開

温暖化対策の啓発動画公開 社会

松任谷さんが登場

1月22日号

山梨名産魚、魅力アップへ

【Web限定記事】元市議代表の創薬メーカー

山梨名産魚、魅力アップへ 社会

同県と共同研究

1月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月22日0:00更新

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク