藤沢版 掲載号:2019年7月26日号 エリアトップへ

(PR)

子宮がん検診に潜むリスク

掲載号:2019年7月26日号

  • LINE
  • hatena
苅谷 卓昭院長
苅谷 卓昭院長

 不妊治療・体外受精で実績のある湘南レディースクリニック。同クリニック院長の苅谷卓昭医師は若い年齢からの子宮がん検診の必要性を説く。「婦人科のがんは年齢によらず、20代での発症も少なくない病気です。最近も20代という若い世代の進行がんを発見しました」と話す。特に会社の健診や人間ドックを受けている人こそ、注意が必要だという。苅谷医師は「子宮頸がん検診のみで全ての婦人科の病状を判断できるわけではありません。必要な検診内容は専門医に委ねていただきたいです」。

 市内の子宮がん検診受診率は20%と低い。また、藤沢市が2015年度に廃止した子宮体がん検診の必要性も訴える。「子宮体がんは子宮がんの半数を占めるほど増加傾向にあります。私どもは、引き続き子宮頸がん・体がんの両方の検診を実施し、さらに超音波検査を併用するよう推奨しています」。

 8月31日(土)には不妊治療公開講座を開催する。問い合わせは同クリニックまで。

湘南レディースクリニック

藤沢市鵠沼花沢町1-12 第5花澤ビル5・6階

TEL:0466-55-5066

http://www.shonanlc.com/

藤沢版のピックアップ(PR)最新6

歯を残したい思いに応え

歯を残したい思いに応え

歯周病治療 難症例にも対応

1月22日号

応募資格は「子ども好き」

応募資格は「子ども好き」

働き方自在、メンバー募集中

1月22日号

感染リスク軽減のためe―Taxの利用を

確定申告 藤沢法人会だより

感染リスク軽減のためe―Taxの利用を

1月22日号

遠くの親戚より、近くの隣人

湘南大庭・ぐるんとびーレポート【10】

遠くの親戚より、近くの隣人

1月22日号

葬儀料金の比べ方

住まいの水を、まるごと変える

話題のウルトラファインバブル水

住まいの水を、まるごと変える

水道栓に設置するだけ

1月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月22日0:00更新

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク