藤沢版 掲載号:2019年7月26日号 エリアトップへ

王者相手に堂々善戦 湘南高 3年ぶり16強

スポーツ

掲載号:2019年7月26日号

  • LINE
  • hatena
試合後、東海大相模の選手と握手を交わす湘南の選手ら(左)
試合後、東海大相模の選手と握手を交わす湘南の選手ら(左)

 夏の高校野球神奈川大会の5回戦が22日、横浜スタジアムで行われ、湘南高校が東海大付属相模高校と対戦し1対6で敗れた。ベスト8進出はならなかったものの、3年ぶりとなる16強。今春関東大会を制した王者を相手に、公立の雄に恥じない戦いぶりを見せた。



 4回戦では強豪、藤沢翔陵を撃破し、勢いに乗る湘南。これまでの今大会3試合で全てコールド勝ちを収めている優勝候補一角の東海大相模を相手に、大一番を迎えた。

 2回裏、満塁のピンチを1失点でしのぐも3、5、6回と立て続けに点を失い、終盤へ。攻撃では打線がつながらず苦しんだが、チャンスは8回に訪れた。1死1、2塁から安打で満塁。その後2死から右前適時打で1点を返し、一矢を報いた。

 昨夏は初戦敗退し、今春は県大会に進むことも叶わなかった。東海大相模戦で善戦した選手らを、指揮官の川村靖監督は「強豪私立を相手によく戦った。合格点といっていい内容」と労う。

 守りの要としてチームをけん引したのは先発投手の今井宏太君(3年)。6月に左足の指を骨折し、一時は夏の出場も諦めた。それでもチームメイトから「しっかり休んで帰ってこい」と激励を受け、復帰を果たした。

 「けがで迷惑をかけた分、結果で恩返ししたい」。その一心でマウンドから全身全霊で腕を振った。目標の頂点には届かなかったが、主将の三上瑛司君(同)は「最高の舞台で試合ができて幸せだった」。今井君は「皆でがんばってきた。一緒にプレーできたことを誇りに思う」と振り返った。
 

強力打線を相手に粘投した投手の今井君
強力打線を相手に粘投した投手の今井君

藤沢版のローカルニュース最新6

天高く舞え 相州藤澤凧

天高く舞え 相州藤澤凧 文化

伝統受け継ぐ保存会

1月22日号

キッチンカーが営業再開

本庁舎市民広場

キッチンカーが営業再開 経済

1月22日号

藤沢で結成、3人組バンド

藤沢で結成、3人組バンド 文化

タワレコが注目株で紹介

1月22日号

オンラインで児童絵画展

温暖化対策の啓発動画公開

温暖化対策の啓発動画公開 社会

松任谷さんが登場

1月22日号

山梨名産魚、魅力アップへ

【Web限定記事】元市議代表の創薬メーカー

山梨名産魚、魅力アップへ 社会

同県と共同研究

1月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月22日0:00更新

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク