藤沢版 掲載号:2019年9月13日号 エリアトップへ

パラ事前合宿で藤沢へ 県と市、ポルトガルと協定

社会

掲載号:2019年9月13日号

  • LINE
  • hatena
事前キャンプに関する協定を結んだ(左から)鈴木藤沢市長、黒岩県知事、レイラ・マルケス・モッタ選手団長(=9日、県庁)
事前キャンプに関する協定を結んだ(左から)鈴木藤沢市長、黒岩県知事、レイラ・マルケス・モッタ選手団長(=9日、県庁)

 2020年東京パラリンピックで県と藤沢市は9日、ポルトガル選手団の事前キャンプを受け入れる協定を同国パラリンピック委員会と締結した。現在改修が進められている県立スポーツセンター(善行)を拠点として活用する。藤沢市での事前キャンプは五輪パラリンピック通じて初めて。

 ポルトガルは障害者スポーツ「ボッチャ」の強豪国として知られ、16年リオパラリンピックでは同競技と陸上競技それぞれ2つ銅メダルを獲得した。来年8月上旬に来日し、50人規模の選手団が10日間ほど滞在しながら大会に向けた事前調整を行う予定だ。

 締結式で黒岩祐治県知事は「歴史的に縁のある国の人たちを受け入れることは喜ばしい。パラ競技は日本でも盛り上がっており、積極的に支えたい」、鈴木恒夫藤沢市長も「藤沢市では市民参加型の大会を目指している。市民と一体となって最大限のおもてなしをしたい」と歓迎を表明した。

 またこの日は藤沢市の都市ボランティア20人も駆けつけ、リーダー候補の沼田行雄さんがポルトガル語であいさつ。「皆さんの練習が素晴らしいものになり、良い結果が出せるよう応援したい」と話した。これに対し、同国選手団長のレイラ・マルケス・モッタ選手は「最高の結果が出せるよう努力したい。市民と交流し、様々な体験や知識を交換することで地元の皆さんの元気にもつながれば」と応えた。

 県立スポーツセンターは旧県立体育センターで老朽化に伴い、県が16年から再整備を進めてきた。事前キャンプ誘致を視野に、陸上競技場やトレーニング場のほか、新たにバリアフリー対応の宿泊棟を設置。供用開始は2020年4月を予定している。
 

ふじさわ湘南ロータリークラブ

藤沢の子どもたちの成長を応援します

https://fujisawa-shonan-rotary.org/

無料葬儀式場

サービスはそのままに式場を完全 昨年10月より実施中です

https://heiwadou.com/

<PR>

藤沢版のトップニュース最新6

オンラインでピアノ競演

市内在勤高木さん

オンラインでピアノ競演 文化

全日本コンクールを企画

5月29日号

分散登校で週明け再開

藤沢市立小中学校

分散登校で週明け再開 教育

夏休みは2〜3週間に短縮

5月29日号

一部営業再開へ

テラスモール湘南

一部営業再開へ 経済

食物販中心に25日から

5月22日号

コロナ対策に459億円

コロナ対策に459億円 社会

藤沢市が補正予算

5月22日号

ネット申請受付始まる

特別定額給付金

ネット申請受付始まる 社会

郵送書類は月末から発送

5月15日号

「オンライン学習」推進へ

「オンライン学習」推進へ 教育

環境整備急務 課題も

5月15日号

あっとほーむデスク

  • 5月29日0:00更新

  • 5月15日0:00更新

  • 5月8日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月29日号

お問い合わせ

外部リンク