藤沢版 掲載号:2019年9月20日号 エリアトップへ

認知症、正しく理解を  9月は世界アルツハイマー月間

社会

掲載号:2019年9月20日号

  • LINE
  • hatena

厚生労働省によると、認知症またはその予備軍の人は全国で462万人(2012年)おり、今後高齢化に伴い2025年には約700万人に増加するという試算が出ています。実に日本人の5人に1人が当事者になり得る時代、認知症との向き合い方について、県認知症サポート医で、かわしま神経内科クリニック(鵠沼松が岡)の川嶋乃里子医院長に聞きました。   

   ――認知症を正しく理解する上で心掛けておくべきことはありますか。

 まずは高齢になれば誰しも成りうる病気だということ。「アルツハイマー型」は70歳代までが多いと言われ、80歳を過ぎると複数の病因によることも少なくありません。一方で、認知症になったからといって何もできなくなる訳ではないということ。症状は人によって様々ですし、周囲の理解やサポートがあれば、最後までその人らしく過ごすことが可能です。

――サポートする家族が向き合うときに気を付けるべきポイントは。

 認知症は誰より本人が不安に駆られます。ですから、日常の中で、できないことを注意することはいたずらに不安を煽ることにもなりかねません。むしろ、周囲の方には本人が「今何ができるか」に目を向けてほしいと思います。例えば少しの手助けがあれば料理ができる人もいますし、おしゃべりが好きな人もいます。本人が抱えている心の痛みを汲み取りながら、その人が生き生きできると感じる活動を一緒にしてみて下さい。それがサポートにもつながるはずです。

――介護に行き詰ってしまったとき、良い方法はありますか。

 デイサービスやショートステイなどを上手に利用してみて下さい。施設を利用することは恥ずかしいことではありませんし、「介護する人/介護される人」という一方的な構図は双方を疲弊させてしまいます。また介護を「してあげる」ではなく、ケアを通じて互いが成長する、「ケアパートナー」という発想を大事にしていただきたいと思います。

――最後に、地域と認知症の関わり方について考えを聞かせて下さい。

 認知症に限らず、高齢化で病気や身体が不自由な人の割合が増えていく中で、皆が皆、同じようにできる必要はありません。互いができることを持ち寄り、できないことがあるなら、支援し合えばいい。いわゆる共助の精神が大切なのだと思います。

ふじさわ湘南ロータリークラブ

藤沢の子どもたちの成長を応援します

https://fujisawa-shonan-rotary.org/

無料葬儀式場

サービスはそのままに式場を完全 昨年10月より実施中です

https://heiwadou.com/

<PR>

藤沢版のローカルニュース最新6

環境に配慮”おはこ”弁当

環境に配慮”おはこ”弁当 社会

市内4社が協力

5月29日号

テイクアウト情報チラシに

テイクアウト情報チラシに 社会

有志らが作成

5月29日号

家族そろって土いじり

ゲーム感覚でエクササイズ

地元応援チケット発売中

地元応援チケット発売中 社会

専用サイトも開設

5月29日号

図書館など一部再開へ

図書館など一部再開へ 社会

公共施設 1日から順次

5月29日号

あっとほーむデスク

  • 5月29日0:00更新

  • 5月15日0:00更新

  • 5月8日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月29日号

お問い合わせ

外部リンク