藤沢版 掲載号:2019年11月1日号 エリアトップへ

藤沢市 食品ロス、アプリで削減 運営事業者と協定

社会

掲載号:2019年11月1日号

  • LINE
  • hatena
「タベテ」の画面。利用者は無料で登録できる
「タベテ」の画面。利用者は無料で登録できる

 本来は食べられるにも関わらず廃棄されてしまう「食品ロス」の削減に向け、藤沢市は先月30日、フードシェアリング事業などを手掛ける(株)コークッキング=本社・東京都港区=と連携協定を締結した。同社が運営するアプリ「TABETE(タベテ)」に飲食店や惣菜店がその日売れ残るなどした料理を掲載。商品を無駄にしたくない店と安価に購入したい消費者をつなげる仕組みだ。



 タベテは関東を中心に約16万人ユーザー、約370店舗が利用。飲食店などがその日余りそうになった料理を発信し、ユーザーが通常よりも安価な250〜680円の範囲内で決済し、店舗で料理を受け取る。店側は手数料として、1商品あたり150円を差し引いた金額が収益になる。

 国の推計によると、食品ロスは国内全体で年間約646万トン(2015年度)。国民一人あたり茶碗1杯分の量を毎日捨てている計算になる。また、市環境総務課によると18年度市内で発生した食品ロスは約1960トンにのぼった。

 今年10月1日には食品ロス削減推進法が施行。10月が推進月間、30日が食品ロス削減の日と定められた。

 今回の協定は、こうした動きに同調したもの。市はアプリの登録店と利用者増のための周知を図り、同社はアプリの運営とともに市の実施する食品ロス削減の研修などに協力する。同課では「店舗と利用者、双方にメリットがあり、結果廃棄される予定だった食品の量が削減できる。食品ロスの削減に向け、一層の啓発に努めたい」と話している。

 30日現在、県内ではパン店やカフェなど18店舗、市内では1店舗が同アプリに登録している。

藤沢版のトップニュース最新6

辻堂駅北口に新商店会

辻堂駅北口に新商店会 社会

地域の安全対策拡充へ

12月6日号

日大藤沢 5年ぶり全国へ

高校サッカー

日大藤沢 5年ぶり全国へ スポーツ

桐光下し、県予選制す

12月6日号

全国大会で優秀賞

歯科衛生士の会スマイル

全国大会で優秀賞 社会

虫歯予防などの活動が評価

11月29日号

スマホやPCで自宅学習

市教委

スマホやPCで自宅学習 教育

中学生対象に新システム

11月29日号

いじめ811件 過去最多

藤沢市立小中学校

いじめ811件 過去最多 教育

暴力行為、不登校も

11月22日号

重度障害者の日常知って

重度障害者の日常知って 社会

施設開放し写真展

11月22日号

光の演出、全国2位に

光の演出、全国2位に 経済

江の島「湘南の宝石」

11月15日号

(公社)神奈川県薬剤師会

11/18〜23「くすりと健康相談薬局」県下一斉相談日。認定薬局はHPで。

https://www.kpa.or.jp/for-all/21511/

マンションセミナー&無料相談会

11月30日(土)藤沢商工会議所みなパーク/修繕積立金がテーマ 個別相談も

https://bunjyounpo.or.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月6日0:00更新

  • 11月29日0:00更新

  • 11月22日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

藤沢版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月6日号

お問い合わせ

外部リンク