藤沢版 掲載号:2019年11月15日号 エリアトップへ

体力テスト全国平均下回る 運動時間は県上回る

教育

掲載号:2019年11月15日号

  • LINE
  • hatena

 スポーツ庁が全国の小学5年生と中学2年生の男女を対象に行った2018年度「全国体力・運動能力、運動習慣等調査」の結果がこのほど公表された。藤沢市の体力合計点平均は小中男女でいずれも全国平均を下回った。

 力強さや持久力などを測る8種目の体力テストと、運動習慣や食生活などに関するアンケートで構成。毎年4月から7月にかけて実施される。18年度は、藤沢市では小学校35校3950人、中学校19校3587人が調査対象となった。

 基準となるのは、8種目の合計平均点による体力合計点(80点満点)。小5男子は、全国54・21に対し、53・12(女子55・90/54・65)。中2男子は全国42・32に対し、41・70(女子50・61/49・40)だった。

 一方、県平均に対しては小5女子、中2男女が上回った。藤沢市教育委員会は「以前から藤沢市に限らず、神奈川県は全体的に低い数値にある」と説明する。

 各種目に関しては、藤沢市では例年、力強さを測定する「握力」、力強さとすばやさを測定する「50m走」が好調、対して体の柔らかさを測定する「長座体前屈」に難がある傾向だ。

 藤沢市の小学5年生は男女ともに「握力」「50m走」が全国、県平均を上回った一方、「反復横とび」「上体起こし」などそれ以外の種目は、いずれかを下回る結果となった。

 中学2年生は、男女ともに、小学生同様「握力」「50m走」が全国、県平均を上回った。そのほか中学男子は、選択「持久走」・「20mシャトルラン」、ハンドボール投げが上回ったが、女子を含めそれ以外の種目がいずれかを下回った。

 一方で、1週間の総運動時間は、小中男女すべてが全国・県平均を上回っている。市教委は「全国的に運動が得意な子は好きに、苦手な子は嫌いになる二極化が課題。多面的な考え方で取り組んでいきたい」と話した。

(公社)神奈川県薬剤師会

11/18〜23「くすりと健康相談薬局」県下一斉相談日。認定薬局はHPで。

https://www.kpa.or.jp/for-all/21511/

<PR>

藤沢版のローカルニュース最新6

「外国人も住みよい街に」

「外国人も住みよい街に」 社会

市民会議が市長へ提言

12月6日号

深海生物 共同研究を推進

新江ノ島水族館 海洋研究開発機構と協定

深海生物 共同研究を推進 社会

12月6日号

吉野彰氏名誉市民に

ノーベル化学賞

吉野彰氏名誉市民に 社会

12月6日号

クリスマス3人展

鵠沼海岸

クリスマス3人展 文化

12月6日号

伝統芸能目白押し

サンタの姿で運動会

サンタの姿で運動会 社会

15日 辻堂海浜公園で

12月6日号

公共空間 どう使う?

通路にこたつや芝生も

公共空間 どう使う? 社会

藤沢駅北口で社会実験

12月6日号

無料葬儀式場

サービスはそのままに式場を完全 昨年10月より実施中です

http://www.heiwadou/com

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月6日0:00更新

  • 11月29日0:00更新

  • 11月22日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

クリスマス3人展

鵠沼海岸

クリスマス3人展

12月5日~12月25日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

藤沢版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月6日号

お問い合わせ

外部リンク