藤沢版 掲載号:2019年12月6日号 エリアトップへ

新江ノ島水族館 海洋研究開発機構と協定 深海生物 共同研究を推進

社会

掲載号:2019年12月6日号

  • LINE
  • hatena
握手する新江ノ島水族館の堀一久社長(左から2番目)とJAMSTECの松永是理事長(同3番目)=同館提供
握手する新江ノ島水族館の堀一久社長(左から2番目)とJAMSTECの松永是理事長(同3番目)=同館提供

 今なお未踏の領域が広がる深海のさらなる研究に向け、新江ノ島水族館(竹嶋徹夫館長)と海洋研究開発機構(JAMSTEC、松永是理事長)=横須賀市=は先月21日、包括協定を締結した。これまでも深海生物の調査研究や展示などで協力してきた経緯があり、協定を機に連携を強化する。同日、同館で締結式が行われ、協定書を取り交わした。

 両者は2004年4月から深海生物の長期飼育法に関する共同研究を実施。これまで同機構の所有する有人潜水調査船「しんかい6500」などを搭載した母船に同館スタッフが乗船した回数は62回を数える。

 公開された生物は約50種。中には世界で初めて展示された「ゴエモンコシオリエビ」など12種も含まれる。07年には独自の環境や生態系が広がる深海を再現した「化学合成生態系水槽」を共同開発。30種で3カ月以上の長期飼育を実現した。

 協定ではこれらの取り組みをさらに深化させ、人材交流や育成、施設・設備利用、学術コンテンツの利用などでも連携を図る。同館では「数千メートルの深海は民間の水族館では到達できない領域。調査船を有する機構との連携で初めて飼育も可能になる。海洋生物にまつわる最新の研究を多くの人に見てもらいたい」と話している。

 12月14日(土)には同館でJAMSTECのスタッフが深海の世界を紹介するトークイベントを予定。同28日(土)には常設展示されている「しんかい2000」の公開整備も予定されている。

藤沢版のローカルニュース最新6

天高く舞え 相州藤澤凧

天高く舞え 相州藤澤凧 文化

伝統受け継ぐ保存会

1月22日号

キッチンカーが営業再開

本庁舎市民広場

キッチンカーが営業再開 経済

1月22日号

藤沢で結成、3人組バンド

藤沢で結成、3人組バンド 文化

タワレコが注目株で紹介

1月22日号

オンラインで児童絵画展

温暖化対策の啓発動画公開

温暖化対策の啓発動画公開 社会

松任谷さんが登場

1月22日号

山梨名産魚、魅力アップへ

【Web限定記事】元市議代表の創薬メーカー

山梨名産魚、魅力アップへ 社会

同県と共同研究

1月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月22日0:00更新

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク