藤沢版 掲載号:2019年12月13日号 エリアトップへ

ロボットで荷物運搬実験 高齢社会の課題解決へ

社会

掲載号:2019年12月13日号

  • LINE
  • hatena
階段を下り、ごみ捨て場へ向かうロボット
階段を下り、ごみ捨て場へ向かうロボット

 階段を昇り降りできるロボットを使用したごみ捨ての実証実験が5日、湘南台の藤沢市営住宅「澁谷ヶ原住宅」で行われた。市のロボット未来社会推進プロジェクトの一環で、高齢化社会の課題解決へ向けて、早期実用化を目指している。

 実験で使用したのは、慶応義塾大学湘南藤沢キャンパスイノベーションビレッジを拠点とするベンチャー企業「AmоebaEnergy(株)」(青野真士代表取締役)が開発したロボット。全長は77cm、重さ24kgで、段差18cm、傾斜35度までの階段の昇り降りが可能で、6kgまでの荷物を運ぶことができる。スポンジやゴムのように柔らかい素材を用いる「ソフトロボット」と言われるもので、世界で初めて階段の昇降を可能にした。

 同住宅は全5棟で3〜4階建て。住民の約半数以上が65歳以上の高齢者だが、エレベーターは設置されておらず、重い荷物の運搬やごみ出しは負担となっている。

 実験では、3階から1階のごみ集積所まで約21mの距離を、遠隔操作を用いて走行。3階でごみを積み、階段を使って1階まで下降。旋回して路上を進み、ごみ収集所で、本体を傾け所定の場所にごみを捨てた。

 30年近く4階の一室に住む渡辺冴子さん(79)は「5〜10年後のことを考えると、重い荷物を持って何回も昇り降りするのは負担なので助かる」と話した。同社は「実環境で実験することで、マンホールなど小さい段差や路面状況の違いを実感した。今後も現場ベースで実験を重ね、2021年度の製品化に向けて安定的な動作ができるよう精度をあげる」としている。

 このロボットは環境に応じて柔軟に変形する「アメーバ」の特性からヒントを得て開発された。本体の走行用ベルト部分がスポンジでできており、段差に合わせて変形しながら階段を昇降。マンションの通路など狭い範囲での旋回もできる。人工知能(AI)の自動運転技術の機能も備えられており、無人で荷降ろしする「置き配」も可能にした。

藤沢版のトップニュース最新6

飲食店へ「つなぎ融資」

藤沢市

飲食店へ「つなぎ融資」 経済

上限100万円 2月26日まで

1月22日号

「コロナ退散」願い流鏑馬

「コロナ退散」願い流鏑馬 社会

5月、片瀬海岸西浜で初開催

1月22日号

感染拡大 止まらず

藤沢市

感染拡大 止まらず 社会

累計1100人超 年末から急増

1月15日号

性犯罪根絶へ法改正を

性犯罪根絶へ法改正を 社会

藤沢市議会が意見書可決

1月15日号

前人未到、15連覇を達成

湘南台高校

前人未到、15連覇を達成 文化

マーチング全国大会で

1月8日号

成人式 オンライン配信に

藤沢市

成人式 オンライン配信に 社会

感染リスク考慮 代替の場検討へ

1月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月22日0:00更新

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク