藤沢版 掲載号:2020年5月22日号 エリアトップへ

コロナ対策従事者応援の地球儀プロジェクションマッピングを発案した 青木 征男さん 湘南台在住 78歳

掲載号:2020年5月22日号

  • LINE
  • hatena

知恵で地域に笑顔を

 ○…湘南台文化センターの巨大地球儀に、医療従事者へのエールや、感染拡大防止のメッセージを投影し、話題を呼んだ。家業のクリーニング店の取引先に病院があり、果敢にコロナに立ち向かう姿に「一番怖いのに、それを見せず頑張っている。何かできないか」と考えたのがきっかけだ。報道で目にした映像投影、そして地域活動を共にする仲間が機器を持っていることを思い出し、自治会など地域6団体連合会に呼びかけ、発案から数日で実現。商店会の協力も取り付け「地域の皆さんの思い、絆の力を感じた」。感謝と共にそう思う。

 ○…生粋の地元っ子。子どものころは「いうことを聞かないやんちゃ坊主だった」と快活に笑う。そのやんちゃ坊主は、大人になると大きく地域に貢献。20歳に消防署に入り、南消防署の署長になるまで40年、まちの守り手として定年まで務め上げた。入庁当初は今ほど装備が整っていない時代。そんな中、市の第1期レンジャーにも任命され、文字通り命がけで活動した。「3回は生死を分ける場面があった」と振り返る。そこで得た教訓は「同じ場面はない、常に柔軟に新しい発想が必要だ」

 ○…定年後も貢献は続く。知人の勧めで地域の社会福祉協議会の副会長になり2年後には会長に。こちらも12年務め上げ、現在は顧問。多忙さもあったが「住民の皆さんと仲良くなれたことが一番良かったな」の一言にやりがいがにじむ。

 ○…今、思うのはコロナ禍後。一人暮らしの高齢者や障害者との食事会などイベントは軒並み中止。「つながりが断たれた」と話す。しかし、続けて口をつく「何ができるのか考えなきゃな」は頼もしさを感じさせる。地域に笑顔を取り戻す次のアイデアが楽しみだ。

藤沢版の人物風土記最新6

下里 和義さん

プレス工業陸上部(遠藤)の監督に就任した

下里 和義さん

菖蒲沢在住 39歳

1月22日号

高橋 孝夫さん

2月17日から、さいか屋藤沢店で個展を開催する木版画家の

高橋 孝夫さん

亀井野在住 74歳

1月15日号

石井 世悟さん

地域活性に取り組む藤沢青年会議所(藤沢JC)理事長に就任した

石井 世悟さん

本藤沢在住 36歳

1月8日号

東 昭一さん

藤沢市山岳・スポーツクライミング協会の会長を務める

東 昭一さん

藤沢在住 71歳

12月25日号

鈴木 桂(かつら)さん

藤沢・茅ヶ崎・寒川の労働組合組織「連合神奈川湘南地域連合」の議長に就任した

鈴木 桂(かつら)さん

土棚在勤 49歳

12月18日号

磯崎 三郎さん

旧三觜家住宅など明治地区にある文化財の保存活動に長年取り組む

磯崎 三郎さん

城南在住 81歳

12月11日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月22日0:00更新

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク