藤沢版 掲載号:2020年5月29日号 エリアトップへ

家族そろって土いじり

社会

掲載号:2020年5月29日号

  • LINE
  • hatena
家族で作業分担しながら農作業を楽しむ土屋さん一家
家族で作業分担しながら農作業を楽しむ土屋さん一家

 「トマトが育ってきたね」「ナスってこんな花が咲くんだ」――。

 市内遠藤にある「遠藤ふれあい農園」で、農作業に精を出す市民が増えている。同園関係者によると4月までに新規利用者が15人増えたといい、コロナ禍で長引く自粛生活からリフレッシュを兼ねて農作業を始める家族が増えているようだ。

 23日、同園で野菜や果物の手入れをしていたのは城南在住の土屋さん一家。母・真美さんの発案で、5月の連休前に利用を申し込んだという。

 父・裕幸さんと長女の璃恵さん(24)は在宅勤務、次女の実穂さん(21)は大学がオンライン授業と外出の自粛が続く。これまで馴染みのなかった農作業だが、始めてみると璃恵さんは野菜図鑑を熟読、実穂さんは植物に興味を持つように。その姿を見て裕幸さん夫妻は「最近は家族が集まる機会が減っていたので、貴重な時間になった」と目を細める。

 同園スタッフの久保博文さんは「市民農園で若い人が増えるのはうれしいこと」と話した。

「家族の時間が充実した」と同一家
「家族の時間が充実した」と同一家

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

藤沢版のローカルニュース最新6

新ピンクリボン号出発

地元不動産会社県から感謝状

地元不動産会社県から感謝状 社会

医療用物資寄贈に対し

10月23日号

まるで石畳

まるで石畳 社会

道路も宿場町風

10月23日号

医療従事者に100万円寄付

医療従事者に100万円寄付 社会

櫻井興業など2社

10月23日号

手作り避難場所が完成

手作り避難場所が完成 社会

辻堂太平台 産官民が連携

10月23日号

市庁舎でロボットが問診

市庁舎でロボットが問診 社会

コロナ禍対策で実証実験

10月23日号

宅地分譲及び定期借地権付き分譲

【湘南ライフタウン】遠藤永山地区・大庭小糸地区・大庭小ヶ谷地区

https://www.fujisawa-kaikeiko.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

  • 10月2日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク