藤沢版 掲載号:2020年6月26日号 エリアトップへ

消費喚起へ商品券 「3割お得」11月販売へ

経済

掲載号:2020年6月26日号

  • LINE
  • hatena
プレミアム付商品券をPRする(左から)山口幸雄観光協会会長、増田商議所会頭、鈴木市長、齋藤光久市商連理事長
プレミアム付商品券をPRする(左から)山口幸雄観光協会会長、増田商議所会頭、鈴木市長、齋藤光久市商連理事長

 新型コロナウイルスの影響で消費が低迷する地域経済の活性化を図ろうと、藤沢市は22日、総額32億5千万円分のプレミアム付き商品券を発行すると発表した。市内経済団体などからなる実行委が事業を担い、11月から販売を予定。プレミアム率は30%と、発行額と共に過去最大の規模で、関係者らは消費喚起に期待を寄せている。

総額32億円 過去最大

 商品券は50万冊を発行予定。1冊あたり500円券が13枚つづり(6500円分)で、市内在住・在勤・在学者を対象に5千円で販売する。またコロナ禍で特に被害が大きかった小中規模の事業所を支援するため、13枚のうち7枚は大規模店舗での使用を不可とする。

 事業主体は市、市商工会議所、市商店会連合会、市観光協会からなる「(仮称)プレミアム付商品券実行委員会」。今後販売場所や購入上限額など詳細を詰めていく。

 参加店舗・事業所数は1800を目標に設定。参加促進のため、1事業所あたり5千円を交付する奨励金も設けた。

 同商議所によると、新型コロナの影響などで2〜6月までに会員から資金繰りに関する相談が計1045件寄せられたという。この日記者会見に出席した増田隆之会頭は「会員非会員問わず支援していく。市内の経済を回復させるため、力を尽くしたい」と話した。また鈴木恒夫市長は「組織間の連携を強化し、一枚岩になって元気な藤沢を一刻も早く取り戻したい」と述べた。

補正予算きょう提出

 市は同日の会見で同事業を含む5つの事業について、総額約14億3300万円の一般会計補正予算案を発表した。きょう6月市議会定例会に提出する。

 内訳は▽ひとり親世帯臨時特別給付金事業費約3億3100万円▽法人立保育所運営費等助成事業費約1300万円▽藤沢型認定保育施設保育料助成費約1800万円▽乳幼児健診等事業費約2300万円▽プレミアム付商品券発行事業補助金約10億4600万円。

藤沢版のトップニュース最新6

度重なる要請、飲食店ため息

度重なる要請、飲食店ため息 社会

まん延防止再び適用

1月28日号

駅前3棟一体化を検討

フジサワ名店ビルなど

駅前3棟一体化を検討 経済

最大規模開発へ合意形成本格化

1月28日号

学習端末で「いじめSOS」

学習端末で「いじめSOS」 教育

市立小中学校で試行運用

1月21日号

学級閉鎖や休園相次ぐ

学級閉鎖や休園相次ぐ 社会

感染急増「第6波」鮮明

1月21日号

密避け2年ぶり成人式

密避け2年ぶり成人式 社会

3部制、時間短縮「極力簡素に」

1月14日号

感染拡大 2週間で8倍

感染拡大 2週間で8倍 社会

「第6波の入り口」市警戒

1月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月28日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

  • 1月14日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月28日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook