藤沢版 掲載号:2020年10月16日号 エリアトップへ

藤沢小麦の細うどん発売 葛原地粉の会が商品化

社会

掲載号:2020年10月16日号

  • LINE
  • hatena
新商品の葛原地粉うどん丸細麺を持つ大貫代表
新商品の葛原地粉うどん丸細麺を持つ大貫代表

 藤沢産の小麦を使った「葛原地粉うどん」の丸細麺が、わいわい市藤沢店などで販売されている。市内で小麦を生産している「葛原地粉の会」が 商品化したもので、歯ざわりや喉越しがいいという。

 葛原地粉の会は毎年栽培した小麦を、うどんやそうめん、スパゲティなどに加工して販売している。最近では茹で時間が短く手間のかからないそうめん、冷や麦などが人気で、「手軽さがニーズ」と、うどんの細い麺も商品化した。

 小麦は日本麺に適した国産品種「さとのそら」を使い、全粒粉と普通の2種類がある。

 同会の大貫正雄代表は「8月から売り出して、徐々に販売数も増えている。リピーターが多いようだ。風味があって栄養価も高い全粒粉が人気」と話している。

遊休農地を解消

 同会は、2008年に遊休農地の解消を目的に設立した。定年退職した中高年が中心となり、荒廃していた土地が少しでも減少すればと小麦の生産を始めたが、使われなくなって久しい土地は、竹が生い茂り、場所によっては太い木を抜き取るなど整備には時間がかかったという。

 今年は、人手不足から耕作地を3分の1に減。きめ細やかな手入れが功を奏し豊作だった。

 葛原地粉うどん丸細麺は、1袋200gで230円(税込)。

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

藤沢版のローカルニュース最新6

新ピンクリボン号出発

地元不動産会社県から感謝状

地元不動産会社県から感謝状 社会

医療用物資寄贈に対し

10月23日号

まるで石畳

まるで石畳 社会

道路も宿場町風

10月23日号

医療従事者に100万円寄付

医療従事者に100万円寄付 社会

櫻井興業など2社

10月23日号

手作り避難場所が完成

手作り避難場所が完成 社会

辻堂太平台 産官民が連携

10月23日号

市庁舎でロボットが問診

市庁舎でロボットが問診 社会

コロナ禍対策で実証実験

10月23日号

宅地分譲及び定期借地権付き分譲

【湘南ライフタウン】遠藤永山地区・大庭小糸地区・大庭小ヶ谷地区

https://www.fujisawa-kaikeiko.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

  • 10月2日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク