藤沢版 掲載号:2020年11月27日号 エリアトップへ

日大馬術部 学生総合で10連覇の快挙 個人も2種目制覇の圧勝

スポーツ

掲載号:2020年11月27日号

  • LINE
  • hatena

 学生馬術の日本一を決める全日本学生馬術三大大会が1日から3日間、山梨県馬術競技場で開かれ、市内亀井野に拠点を置く日本大学馬術部が3種目総合で10連覇を成し遂げた=写真。

 同大会は、演技の美しさを競う「馬場馬術」、柵を越える「障害飛越」、その2種目を加え自然に近い地形を走行するクロスカントリーを人馬一体で行う「総合馬術」の3種目を行い、その総合ポイントで大学日本一を決定する。

 大会では、最初の障害馬術でエース名倉賢人さん(4年・桜望=馬名)が3位、楠本將斗さん(2年・桜真)が4位になるなど、個人優勝は逃したが団体で優勝。馬場馬術では有賀翔さん(4年・桜陽)が1位、重藤エディット彬さん(3年・桜宇)が4位と活躍し個人と団体を制覇。

 総合馬術は、楠本さん(桜空)が1位、名倉さん(桜望)が2位、瀬川裕哉さん(2年・桜恋)が3位と表彰台を独占。文句なしに団体優勝も手にした。

 チームで目指した3種目総合は、1270点を記録。2位の立命館大には756点もの大差をつけた圧勝だった。

 3種目で活躍した楠本さんは「馬がリラックスできるように心がけた。10連覇に満足することなく、来年も勝てるように努力したい」と話した。

恵まれた環境で切磋琢磨

 馬術部のキャプテン・谷津友崇さん(4年)は、同部の強さの理由を「全国でもトップレベルの環境にある」と説明する。亀井野にある馬場や厩舎などの横には寮があり、部員らは「朝起きて最初に馬に触り、夜寝る前の最後に馬に触る」という言葉通り、馬と生活を共にしている。

 またコーチは元五輪代表選手、さらに同部だけで約40頭の馬を所有する。近くには獣医師を育てている日本大学生物資源科学部があり、OB・OGのサポートも厚い。部員も実力者が揃う。

 谷津さんは「部員のレベルは高くほぼ横一線。それだけにレギュラー争いはシビア。常に自分に厳しく努力している」と明かした。
 

総合馬術で優勝した楠本さん
総合馬術で優勝した楠本さん

藤沢版のローカルニュース最新6

天高く舞え 相州藤澤凧

天高く舞え 相州藤澤凧 文化

伝統受け継ぐ保存会

1月22日号

キッチンカーが営業再開

本庁舎市民広場

キッチンカーが営業再開 経済

1月22日号

藤沢で結成、3人組バンド

藤沢で結成、3人組バンド 文化

タワレコが注目株で紹介

1月22日号

オンラインで児童絵画展

温暖化対策の啓発動画公開

温暖化対策の啓発動画公開 社会

松任谷さんが登場

1月22日号

山梨名産魚、魅力アップへ

【Web限定記事】元市議代表の創薬メーカー

山梨名産魚、魅力アップへ 社会

同県と共同研究

1月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月22日0:00更新

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク