藤沢版 掲載号:2021年3月26日号 エリアトップへ

看護師が電話で健康観察 自宅療養 見守るモデルに 藤沢市で先行実施始まる

社会

掲載号:2021年3月26日号

  • LINE
  • hatena

 新型コロナウイルスに感染した自宅療養者を見守る県の「地域療養の神奈川モデル」が県下の他自治体に先駆け23日、藤沢市でスタートした。悪化のリスクが高い人を早期に医療機関につなげる試みで、県、市、藤沢市医師会の3者が連携。訪問看護ステーションを通じ、患者の見守り体制を強化する。

 県などによると、対象者は▽入院待機者▽75歳以上の高齢者か、65歳以上で糖尿病など基礎疾患を抱えている人▽血中酸素飽和度が95%以下の人―のいずれか。22日現在、市内の自宅療養者は32人で内2人が該当するという。

 事業実施にあたり、市医師会が訪問看護ステーションを全国展開する「ソフィアメディ」=東京都=と協定を締結。同社が広域事業者となり、看護師が毎日対象者に電話で健康観察や相談を行うほか、必要に応じて自宅訪問も行う。医師の診断が必要と判断した場合には市医師会の医師に取り次ぎ、オンライン診療や入院調整を行う。

 同医師会の鈴木紳一郎会長は22日の記者会見で「かかりつけ医にとって患者がコロナにかかった瞬間、手元から離れてしまうもどかしさがあった」と経緯を説明。121人の医師と輪番の8医療機関が参加表明しているほか、41ある訪問看護ステーションの半分程度が参加の意向という。

 黒岩祐治県知事は「(感染拡大が)リバウンドしたときに対応するため、非常に重要なスタート」と意義を強調。鈴木恒夫市長は「他の自治体を先導できるモデルになれば」と述べた。
 

弁護士会による藤沢法律相談

交通事故・離婚・相続・労働・お金の貸し借りなど、さまざまな相談が可能です。

https://www.kanaben.or.jp/

無料葬儀式場

サービスはそのままに式場の完全無料化実施中です

https://heiwadou.com/

<PR>

藤沢版のトップニュース最新6

高齢者接種 5月中旬に開始

高齢者接種 5月中旬に開始 社会

ワクチン接種で市想定

4月9日号

駅周辺、賑わいの拠点に

駅周辺、賑わいの拠点に 経済

広場条例施行 活用本格化へ

4月9日号

市北部活性化に期待感

市北部活性化に期待感 経済

綾瀬スマートICが開通

4月2日号

余った食料品、困窮者へ

余った食料品、困窮者へ 社会

「フードバンクふじさわ」が発足

4月2日号

最大級の災害に備えて

藤沢市

最大級の災害に備えて 社会

津波ハザードマップなど改定

3月26日号

自宅療養 見守るモデルに

看護師が電話で健康観察

自宅療養 見守るモデルに 社会

藤沢市で先行実施始まる

3月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月9日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

  • 3月26日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月9日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク