藤沢版 掲載号:2021年3月26日号 エリアトップへ

新型コロナウイルス感染症対策 断固たる決意で 藤沢の想いを神奈川へ 神奈川県議会議員 市川かずひろ

掲載号:2021年3月26日号

  • LINE
  • hatena

 私は、コロナ禍において、県内の医療崩壊を防ぎ、県民の命を守るため、病床の確保や自宅・宿泊療養施設の運営、PCR検査体制の充実、変異株への対応、ワクチン接種体制の整備など、医療提供体制の確保に向けて、断固たる決意で令和3年第1回定例会に臨みました。

■病床確保の取り組み

 回復した患者の転院を受け入れた医療機関への支援金などを実施すべきと委員会で繰り返し提案。県は、転院先を「後方支援病院」と位置づけ、病床1床につき協力金10万円を支給することを決定。「後方搬送」の神奈川モデルが構築されました。

■自宅・宿泊施設の療養者の療養サポート

 宿泊施設や自宅で療養者が死亡するという事案が発生しました。私は、療養者に安心して過ごしていただけるような環境整備が何よりも重要であることを指摘し、全体的な運営マニュアルの早期作成と効果的な健康観察の手法について早急に検討するよう強く求めました。

 自宅療養者については、藤沢市や藤沢市医師会と連携した療養サポート(「地域療養」の神奈川モデル)を藤沢市で先行実施することになりました。

■変異株への対応

 県内の変異株感染者数が50人を超えました。変異株をどう封じ込めていくのか。私は、変異株に関する正しい情報の提供と調査範囲の拡大、民間検査機関との連携を図り、検査率の引き上げをいかに早くできるかが鍵であると指摘しました。

■効果的なワクチン接種体制づくり

 わが国でも医療機関での先行接種が開始されました。国はワクチン接種に関して、医療従事者等、高齢者、基礎疾患を有する者といった優先接種の順位を明確化し接種を進めておりますが、例えば、警察官、視覚障がい者の同行援護者、聴覚障がい者の手話通訳者といった社会を支える重要な職種、医療機関以外でコロナ医療体制を支える職種は優先接種の対象となっていません。私は、治安の維持や共生社会の推進といった観点からも、こうした職種について、優先接種の枠の中にしっかりと位置づけ、都道府県や市町村と連携しながら施策を進めていくことが非常に大事であると考えています。委員会において、そうした趣旨の「意見書(案)」を会派を代表して提案し、各会派に賛同いただき可決しました。

市川和広政務活動事務所

神奈川県藤沢市川名2-2-3 第1えのはビル

TEL:0466-26-4230

http://www.ichikawa-1ch.com/

弁護士会による藤沢法律相談

交通事故・離婚・相続・労働・お金の貸し借りなど、さまざまな相談が可能です。

https://www.kanaben.or.jp/

無料葬儀式場

サービスはそのままに式場の完全無料化実施中です

https://heiwadou.com/

<PR>

藤沢版の意見広告・議会報告最新6

藤沢の想いを神奈川へ

藤沢の想いを神奈川へ

神奈川県議会議員 市川かずひろ

4月2日号

辻堂駅、平日上下線25本増発に

利便性向上を実現 県政報告

辻堂駅、平日上下線25本増発に

神奈川県議会議員 松長泰幸

4月2日号

コロナ禍の女性の負担軽減へ緊急要望

公明党ふじさわニュース

コロナ禍の女性の負担軽減へ緊急要望

4月2日号

人と環境に優しい藤沢を

市政報告

人と環境に優しい藤沢を

藤沢市議会議員 谷津 えみ

4月2日号

村岡新駅周辺地区を市全体の活力創造の場に

市政報告

村岡新駅周辺地区を市全体の活力創造の場に

藤沢市議会議員 あまかす和彦

3月26日号

市事業費「血税」の認識を

市政報告

市事業費「血税」の認識を

藤沢市議会議員 くりはら貴司

3月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月9日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

  • 3月26日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月9日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク