藤沢版 掲載号:2021年4月2日号 エリアトップへ

藤沢の想いを神奈川へ 神奈川県議会議員 市川かずひろ

掲載号:2021年4月2日号

  • LINE
  • hatena

 令和2年度、私は、「ともに生きる社会かながわ推進特別委員会」の委員長を務めさせていただきました。憲章の推進、障がい者施策の推進、新たな福祉施設のあり方、スポーツを通じた共生社会の実現、インクルーシブ教育の推進などについて、地元の皆様、関係者団体の皆様からご意見をいただきながら、積極的に取り組んでまいりました。

■障がい者雇用の推進について

 特例子会社は、障がいのある方々の雇用の場の拡大に有効な手法の一つであるため、他自治体の例を参考にしながら、県独自の支援策を検討すべきと我が団より代表質問で提案。設立相談体制の充実強化とともに、1社あたり500万円の助成金を交付する新たな支援制度が創設されました。

 県内の障がい者の職業紹介状況は、申込件数が1万4095名、就職件数は4728名、就職率は33・5%となっています(令和元年度)。引き続き、障がいのある方々一人ひとりが自らの能力を発揮することのできる就労の場を確保することができるようあらゆる観点から取り組んでまいります。

■医療的ケア児の支援について

 昨年度、県は初めて、医療的ケア児実態調査を実施しました。その調査結果では、「医療的ケア児への支援に関する情報が十分得られていない」との保護者の声が多く、県はそれに応えるかたちで、HPで様々な支援情報を発信することとしました。しかし、サイト開設後も「より早く、より確実な情報発信を」との要望があり、県に更なる努力を求めました。結果、医療的ケア児の在宅生活に必要なサービス等を掲載したリーフレットを今年度中に作成し、医療機関に送付することになりました。今後も医療的ケア児を抱える保護者の切実な声を聴き、支援の充実を繰り返し要望してまいります。

 新型コロナウイルスの感染拡大は、予期せぬ日常の変化に不安を感じやすい障がいのある方や、その暮らしを支える方にも大きな影響を及ぼしています。だからこそ、実態を正確に捉え、藤沢市とも連携し、施策の充実を図らなければなりません。ともに生きる社会かながわの実現に向けて、努力を重ね、政策を磨いてまいります。

市川和広政務活動事務所

神奈川県藤沢市川名2-2-3 第1えのはビル

TEL:0466-26-4230

http://www.ichikawa-1ch.com/

弁護士会による藤沢法律相談

交通事故・離婚・相続・労働・お金の貸し借りなど、さまざまな相談が可能です。

https://www.kanaben.or.jp/

無料葬儀式場

サービスはそのままに式場の完全無料化実施中です

https://heiwadou.com/

<PR>

藤沢版の意見広告・議会報告最新6

藤沢の想いを神奈川へ

藤沢の想いを神奈川へ

神奈川県議会議員 市川かずひろ

4月2日号

辻堂駅、平日上下線25本増発に

利便性向上を実現 県政報告

辻堂駅、平日上下線25本増発に

神奈川県議会議員 松長泰幸

4月2日号

コロナ禍の女性の負担軽減へ緊急要望

公明党ふじさわニュース

コロナ禍の女性の負担軽減へ緊急要望

4月2日号

人と環境に優しい藤沢を

市政報告

人と環境に優しい藤沢を

藤沢市議会議員 谷津 えみ

4月2日号

村岡新駅周辺地区を市全体の活力創造の場に

市政報告

村岡新駅周辺地区を市全体の活力創造の場に

藤沢市議会議員 あまかす和彦

3月26日号

市事業費「血税」の認識を

市政報告

市事業費「血税」の認識を

藤沢市議会議員 くりはら貴司

3月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月9日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

  • 3月26日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月9日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク