藤沢版 掲載号:2021年8月20日号 エリアトップへ

湘南クラブ14年ぶり全国制覇 粘りの野球で延長戦制す

スポーツ

掲載号:2021年8月20日号

  • LINE
  • hatena
マウンドで喜びの輪を作る湘南クラブの選手たち
マウンドで喜びの輪を作る湘南クラブの選手たち

 硬式野球ボーイズリーグの中学生日本一を決める「日本少年野球選手権大会」の決勝戦が7日、和歌山市の紀三井寺公園野球場で行われ、湘南クラブが4対1で県央宇都宮ボーイズ(栃木)に勝利し14年振り2回目の優勝を果たした。全国約800チームの頂点に立った。

全国約800チームの頂点

 延長戦までもつれた試合を制すと選手はマウンドで輪を作り、人差し指を高く立てた――。

 対戦相手の宇都宮ボーイズは春の大会で日本一になった強豪。湘南クラブは2回にスクイズで1点を先制されると、相手投手を打ち崩せず最終7回へ。粘るナインが2アウトながら1、3塁のチャンス作ると、緊迫した場面で相手投手の牽制する素振りがボークの判定。同点に追いつく。

 延長8回、先頭打者の1番、主将の城田陸外野手(高浜中)が2塁打でチャンスを作ると一挙に3得点。投げては4回から登板したエース藤田琉生投手(羽鳥中)が相手の反撃を許さなかった。

 城田選手は試合後のインタビューで「言葉にならないほどうれしい。チーム一丸となって戦えた」と喜びを語った。

将来有望な選手たち

 田代栄次監督は優勝までの5試合で準々決勝をポイントに上げる。普段は外野手の益岡潤平選手(鵠沼中)を先発投手で起用。5回無失点の好投で、それまで2試合5失点していたチームの流れを変えた。他にも、チームを牽引した城田選手、身長190cmの左腕、藤田選手など将来有望な選手が力を発揮した。「選手たちが諦めず自分たちの力を信じて戦ってくれた」

 14年前は、現中日ドラゴンズの高橋周平選手を擁して日本一となった同チーム。これから、高校、大学、そしてプロの世界へと進む可能性のある選手たちの活躍に期待がかかる。
 

長身のエース藤田投手
長身のエース藤田投手

藤沢版のローカルニュース最新6

ソフト山田選手が技術指導

五輪金

ソフト山田選手が技術指導 スポーツ

市内中学生90人が学ぶ

1月14日号

絵本づくりに挑戦中

「少しでも優しい社会を」 片瀬海岸在住石澤さん

絵本づくりに挑戦中 社会

1月14日号

春の趣き 色鮮やか

駅利用客に光で癒しを

駅利用客に光で癒しを 社会

善行有志が企画

1月14日号

石川、明治が優勝

石川、明治が優勝 スポーツ

少年野球神奈川支部大会で

1月14日号

豪華ソリストが茅ヶ崎に

豪華ソリストが茅ヶ崎に 文化

チケットプレゼントも

1月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月14日0:00更新

  • 1月7日0:00更新

  • 12月24日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook