藤沢版 掲載号:2021年9月3日号 エリアトップへ

花との語らい一枚に 西富在住 山崎昌子さん

文化

掲載号:2021年9月3日号

  • LINE
  • hatena
info■山崎昌子「花と語らう」私の個展9月17日(金)〜26日(日)午前11時〜午後5時(最終日4時)蔵まえギャラリー【藤沢630-1】Instagram flower_love_mako
info■山崎昌子「花と語らう」私の個展9月17日(金)〜26日(日)午前11時〜午後5時(最終日4時)蔵まえギャラリー【藤沢630-1】Instagram flower_love_mako

 コスモス、ハス、バラ、トケイソウ、アジサイ、ヒマワリ。四季折々の花の瑞々しい一瞬をシャッターで捉える。「不思議とやさしさが感じられる」と評されることもしばしば。一眼レフカメラを手に撮影を続けているのは山崎昌子さん(60)=西富在住。

 「一番好きなのはコスモス。花びらがダンスしているような姿、儚げに一輪咲く姿、さまざまな表情を見せてくれる」と熱を込める。撮影手法は独学で、「花と一対一で語らうように、納得するまで向き合う」がモットーだ。

 20代の頃には旅先でスナップ撮影をしていたが、出産とともに封印。子育てが一段落した4年前、何か始めたい、と思い出したのが、カメラだった。ふと元々好きだった花をレンズ越しに見ると、その豊かな表情に魅せられた。自宅でのアレンジや近所の散歩、長久保公園や大船フラワーセンターなど身近な”隣人”が被写体だ。

SNSの反響も後押し

 撮影開始と同時にインスタグラムアカウントも開設。友人に見てもらうだけのつもりが、今やフォロワー数は千人超。海外ユーザーからも反響があり、「顔も名前も分からない相手だけれど、『きれい』『いいね』など、英語での交流もやりがいになっている」。コロナ禍の現在も毎日更新を続けている。

 昨年末に退職したことを機に、作品を直接見てもらいたいと初の個展を企画した。撮りためた1万数千枚のデータから、友人とともに厳選した約60点を展示。「今のこの世の中だからこそ、作品を見て、心をほぐし、和んでもらえたらうれしい」と話した。

藤沢版のローカルニュース最新6

山本昌さん野球殿堂入り

日大藤沢出身

山本昌さん野球殿堂入り スポーツ

発表翌日には母校訪問

1月28日号

見回りにごみ拾いもプラス

鵠沼おやじパトロール隊

見回りにごみ拾いもプラス 社会

1月28日号

書と盆栽で公民館に彩り

書と盆栽で公民館に彩り 社会

御所見で2月4日まで

1月28日号

湘南国際マラソンが中止

湘南国際マラソンが中止 スポーツ

実行委「2年連続残念」

1月28日号

女性の活躍と社会考える

女性の活躍と社会考える 社会

2市1町連携オンライン講座

1月28日号

駅前のシンボルに

駅前のシンボルに 社会

排気塔のデザイン刷新

1月28日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月28日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

  • 1月14日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月28日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook