藤沢版 掲載号:2021年9月17日号 エリアトップへ

手作り人形で安全見守る 鵠沼・御所見の母の会

社会

掲載号:2021年9月17日号

  • LINE
  • hatena
「無事にカエル」と「身を守るミノムシ」を持ちほほ笑む古川会長(左)と石川会長
「無事にカエル」と「身を守るミノムシ」を持ちほほ笑む古川会長(左)と石川会長

 子どもや高齢者を交通事故から守るため、地域の母親らで構成される「交通安全母の会」。市内には鵠沼と御所見地区にあり、手作りの交通安全のお守り「無事にカエル」や「身を守るミノムシ」を制作し配布するなど長年、地域の安全・安心を見守っている。



 「いってらっしゃい」「気を付けてね」と声を掛け、子どもや主人を家から送り出す。交通安全の”要”には今も昔も「母」の存在があった。

 鵠沼地区交通安全母の会の古川京子会長は「お母さんの意識が変わると家庭にその気持ちが伝染する。そうするとだんだんと地域全体に意識が浸透していく」とにっこり。自身は約35年前の発足時から同会に携わり、地道に活動を続けてきた。

 御所見地区では「交通のおばさんだ!」と子どもたちに声を掛けられ、事故が起きそうな危ない箇所を教え合ったり、高齢者から免許返納の相談を受けたりすることもあるという。同地区同会の石川美智子会長は「私たちみたいな人の方が、子どもも高齢者も抵抗なく話しやすいのかもしれないね」と笑顔で話す。

 母の会の活動の目印となるのは「カエル」と「ミノムシ」。鵠沼では年間約1500個、御所見では約150個を一つ一つ会員らが手作りし、小学1年生の新入生をはじめ、高齢者向けの講習会、交通安全のキャンペーンなどで配布している。

 両会長は「6年間ランドセルや鞄に付けて大事にしてくれる子、目が取れちゃっても縫い直して大事に使ってくれている人もいて、うれしく励みになる」と笑顔で話した。
 

藤沢版のローカルニュース最新6

湘南初木造ビル 工事着々

湘南初木造ビル 工事着々 社会

富士リアルティが構造見学会

10月15日号

辻堂拠点にプロチーム

eスポーツ ゲーム通じ地域交流も

辻堂拠点にプロチーム スポーツ

10月15日号

4年ぶりに歌声を披露

鵠沼混声「波」

4年ぶりに歌声を披露 文化

10月15日号

青空の下、450kg収穫

青空の下、450kg収穫 社会

稲荷の田んぼで稲刈り

10月15日号

還付金詐欺バスで注意喚起

新「紅茶・生茶」プレゼント

キリンビバレッジ

新「紅茶・生茶」プレゼント 社会

1箱(24本入)10名様に

10月15日号

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月15日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

  • 10月1日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

藤沢版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook