藤沢版 掲載号:2021年9月24日号 エリアトップへ

市指定ごみ袋 植物由来素材に変更 値段変わらず来春から

社会

掲載号:2021年9月24日号

  • LINE
  • hatena
ごみ袋を手にゼロカーボンをPRする市職員
ごみ袋を手にゼロカーボンをPRする市職員

 藤沢市は「可燃ごみ・不燃ごみ共通袋」の指定収集袋を、来春から植物由来のバイオマスプラスチック使用品に切り替える。7日の市議会定例会厚生環境常任委員会で発表した。

 焼却時に出る二酸化炭素抑制や化石燃料の使用量削減が目的。国が進めるゼロカーボン策に基づく環境対策事業の一環で、県内では鎌倉市や海老名市で導入している。新素材への切り替えにより、市は年間180tのカーボン削減を見込む。

 販売価格に変更はなく、従来品も引き続き使用可能。色は現在のピンク色を引き継ぐ。袋の厚さは従来の0・025mmから0・03mmに変更される。バイオマス素材での特殊加工が難しいため黄色の可燃専用袋は廃止となる。

 2022年1月に製造・保管・配送業務委託事業者を決定。4月から販売を予定している。
 

藤沢版のローカルニュース最新6

災害時「住民取り残さない」

災害時「住民取り残さない」 社会

御所見地区で防災訓練

12月3日号

開催地の証、ピアノに込め

開催地の証、ピアノに込め 社会

藤沢青年会議所が市に寄贈

12月3日号

SDGs推進の旗手目指せ

SDGs推進の旗手目指せ 社会

松下政経塾で全4回講座

12月3日号

「でっかいの出てきた」

「でっかいの出てきた」 教育

グリーンLC 児童招き芋堀り

12月3日号

店頭でマルシェ

店頭でマルシェ 経済

無印良品「地域の賑わいに」

12月3日号

大根の収穫を体験

なかよしランド特別企画 青木幼稚園

大根の収穫を体験 教育

12月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月3日0:00更新

  • 11月26日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook