藤沢版 掲載号:2021年10月22日号 エリアトップへ

日本精工が3年ぶり頂点 全日本実業団産業別ボウリング

スポーツ

掲載号:2021年10月22日号

  • LINE
  • hatena
(左から)畑さん、斎藤さん、石川さん(写真提供:公益財団法人全日本ボウリング協会)
(左から)畑さん、斎藤さん、石川さん(写真提供:公益財団法人全日本ボウリング協会)

 経済産業大臣杯「第47回全日本実業団産業別ボウリング選手権大会」が10月9、10日に山形県で開かれ、日本精工藤沢ボウリング部(鵠沼神明)が3年ぶりの優勝を果たした。

 全国の実業団が4つの業種に分かれ、業種ごとのナンバーワンを決め、さらに各部門の上位による決勝大会で王者を決める大会。3人のチーム戦で、今年は21チームが出場した。

 日本精工は、12チームが出場した鉄鋼・機械・金属など工業系のD部門にエントリー。12ゲーム(チーム合計36ゲーム)を投げ、7451点で2年ぶりに部門優勝した。

 決勝大会では、スタートから安定したゲーム運びで1位を独走。結果は6ゲーム(チーム合計18ゲーム)で3988点。2位に100点以上の差をつけて3年ぶりの日本一に。部門大会との2冠を成し遂げた。

若手中心に進化

 3年前の優勝から若手中心に変化した日本精工チーム。国内のアマチュアボーラーの最高峰の個人戦・NHK杯全日本選手権大会チャンピオン(2017年)の実績を持つ斎藤祐太さん(25)をリーダーに、現日本代表(ナショナルメンバー)の畑秀明さん(19)、高校時代に全国高等学校対抗ボウリング選手権大会で優勝経験のある石川夕真さん(18)を加え挑んだ。

 3人は勤務時間が異なる中でも週1回集まり投げ続け、「ストライクが続くと勢いが止まらない攻撃的なチームに仕上がった。チャンスを生かせてよかった」と斎藤さん。次の目標は「11月に予定される全日本実業団選手権で優勝」と意気込んでいる。

藤沢版のローカルニュース最新6

東儀秀樹コンサート

海洋汚染 アートで学ぶ

海洋汚染 アートで学ぶ 教育

マイクロプラでブローチ作り

1月21日号

無料でクリーニング

学生服

無料でクリーニング 教育

おしゃれ倶楽部など有志

1月21日号

地元酒蔵の魅力一冊に

地元酒蔵の魅力一冊に 文化

神奈川新聞の連載書籍化

1月21日号

高齢者向け賃貸住宅を公開

高齢者向け賃貸住宅を公開 社会

22日・23日 試食付き見学会

1月21日号

湘南エリアの住み替えを応援

ウスイホーム

湘南エリアの住み替えを応援 経済

市内に3店舗目をオープン

1月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月21日0:00更新

  • 1月14日0:00更新

  • 1月7日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook