藤沢版 掲載号:2022年6月10日号 エリアトップへ

藤沢市 「脱炭素」へ取り組み加速 CN都市ガス、市庁舎で導入

社会

掲載号:2022年6月10日号

  • LINE
  • hatena
CN都市ガスを使った空調設備を紹介する市職員(=7日、藤沢市役所)
CN都市ガスを使った空調設備を紹介する市職員(=7日、藤沢市役所)

 2050年までに脱炭素化を目指す藤沢市は、6月から市役所本庁舎に二酸化炭素の排出が実質ゼロになる「カーボンニュートラル(CN)都市ガス」を導入した。県内では珍しく、従来よりも排出量が4分の1近く抑えられる。市が率先して脱炭素化に取り組むことで、市内事業者や市民への啓発を図りたい考えだ。

 導入したのは、東京ガスが提供するCN都市ガス。天然ガスの採掘から燃焼に至る工程で発生する温室効果ガスを、植林や森林保全によって相殺(カーボンオフセット)することで、地球規模では使用しても二酸化炭素が発生しないとみなす。市によると、県内では秦野市が導入している。藤沢市では主に市役所1〜4階までの空調を管理する設備に使用する。

 削減効果は年間約370t。本庁舎で使用するエネルギー由来の年間排出量(1557t)の約23・8%に相当し、年間コストは従来の4%にあたる50〜60万円程度増加する見込みという。

 市は昨年2月、2050年までに二酸化炭素の排出実質ゼロ(ゼロカーボン)を目指す「気候非常事態宣言」を表明。先月30日、鈴木恒夫市長は記者会見で「ゼロカーボンを地球規模で考えながら、市庁舎で実践することは市民に意識を高めてもらうきっかけにもなる」と期待した。

 また、市は先月27日、東京電力パワーグリッド藤沢支社と「カーボンニュートラル実現に向けた共創に関する連携協定」を締結。同社のノウハウや情報提供を受けながら、脱炭素のまちづくりや持続可能な社会構築の推進を目指すという。

 協定では、▽省エネ推進に向けた取り組み▽再生可能エネルギーなどの利活用や導入拡大―など6項目を盛り込んだ。

 市は今後、脱炭素の取り組みとして太陽光発電システムの導入などを進めていくとしている。

ユーミーらいふ藤沢店

湘南の賃貸取扱件数No.1 湘南エリアで賃貸物件をお探しならユーミーネットへ

https://www.shonanchintai.com/

<PR>

藤沢版のトップニュース最新6

「介護のICT化」市が支援

「介護のICT化」市が支援 社会

業務効率化へ実証実験

8月12日号

開通時期、また白紙に

圏央道藤沢〜横浜間

開通時期、また白紙に 社会

施工方法に課題 工程見直し

8月12日号

食事必要な子へ100円弁当

食事必要な子へ100円弁当 社会

NPOと飲食店が連携

8月5日号

市域全体で観光周遊

藤沢市

市域全体で観光周遊 経済

MaaS基盤強化へ事業支援

8月5日号

まちの未来、本気で議論

湘南大庭地区

まちの未来、本気で議論 社会

課題解決へ子ども会議発足

7月29日号

産学連携 健康ビール誕生

産学連携 健康ビール誕生 社会

地元企業と日大、菊芋を活用

7月29日号

湘南国際アカデミー

藤沢市委託事業「入門的研修」申し込み受付中。受講料無料。

https://si-academy.jp/fujisawa_nyumon/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月12日0:00更新

  • 8月5日0:00更新

  • 7月29日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

藤沢版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年8月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook