鎌倉版 掲載号:2011年1月7日号
  • googleplus
  • LINE

おもてなしにサクラを植樹 25周年記念事業・鎌倉中央RC

社会

今年春には咲く予定だという(鶴岡八幡宮境内)
今年春には咲く予定だという(鶴岡八幡宮境内)

 鎌倉中央ロータリークラブ(石原新一会長)は創立25周年記念事業の一環として先月27日、鶴岡八幡宮境内の源平池脇にサクラの木を植樹した。

 3メートルを超す1本の「ソメイヨシノ」で、春には花を咲かせるという。この事業を担当した四十八願稔さんは、「国際観光都市として、参拝者をはじめ多くの人をもてなすため」とサクラの木の植樹を企画した。石原会長は、「25周年を契機に会員増強を図り、事業拡大していきたい」と決意を新たにしていた。同クラブは、記念事業として昨年11月にロシアのノボシビルスク人形劇団を招き公演を開催している。
 

鎌倉版のローカルニュース最新6件

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

光明寺で恒例の観桜会

光明寺で恒例の観桜会

フリマ 抹茶席 山門公開も

3月31日~4月1日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク