鎌倉版 掲載号:2011年1月21日号
  • googleplus
  • LINE

地域のふれ合いに 4年目 鎌倉中央公園で「どんど焼き」

文化

勢いよく上がる炎に果敢に挑む。子どもたちは大はしゃぎ
勢いよく上がる炎に果敢に挑む。子どもたちは大はしゃぎ

 1年間の無病息災を祈願し今月14日、鎌倉中央公園で「どんど焼き」が行われた。今年で4回目。

 近隣住民らが持ち寄った門松、しめ縄などの正月飾りや古いお札が積み上げられ、集まった人たちは「だんご」のついた小枝を手に、火が点くのを「今か今か」と心待ちに。市公園協会の職員が点火すると、炎は勢いよく上がり集まった人からは歓声も上がった。

 参加した公園の近くに住む篠原新吉さん(74)は、「地域のつながりが希薄な中で、人とふれ合うこういう行事はよいことです」と話していた。だんごとのセットで同公園で収穫した春の七草を使った粥も100円で振る舞われた。収益は公園の谷戸保全に使われる。
 

鎌倉版のローカルニュース最新6件

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

光明寺で恒例の観桜会

光明寺で恒例の観桜会

フリマ 抹茶席 山門公開も

3月31日~4月1日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク