鎌倉版 掲載号:2011年1月21日号
  • googleplus
  • LINE

2月19日、20日(土・日)に鎌倉芸術館で行われる「Jazz in 鎌倉」の実行委員長 森田 豊文さん 山ノ内市在住 62歳

ジャズに魅せられて

 ○…アマチュアの音楽家たちが作り上げるコンサート「Jazz in 鎌倉」。その出演者であり、実行委員長も務める。「多くの方に、楽しいジャズ音楽のひとときを過ごしてもらいたい」と意気込みを語る。今回もコンボジャズ・ビッグバンドなど、14の団体が参加する。当日は「葉山美紗&Mighty Sound」にボーカルとして出演、「酒とバラの日々」「What A Wonderful World」を披露する予定だ。

 ○…「音楽活動をずっと続けていたとか、そういうのはないんですよ。小学生の頃にバイオリンをやったことがあったくらい」と笑う。「50代半ば頃から、親しい仲間とバーなんかで歌ったり。そこで鎌倉でも活躍するスタンダードジャズシンガーの葉山美紗さんと出会ったのがきっかけです。以前からまわりには『歌がうまい』って言われてたので出てみよう、と」。「Jazz in 鎌倉」への参加は第10回目から。1500人近い観客の前での演奏は「気持ちが良いですよ」と緊張は無い。プロ顔負けの落ち着きぶりで本番に臨む。

 ○…11回目から実行委員長を務め、当日の成功にむけて奔走。参加団体からの意見を吸い上げ、より良いものへ。音響、タイムスケジュールから舞台演出まで自分たちの手で創り上げる。

 ○…鎌倉に住んで30年以上。「山があるのが良い。それでいて、海の景色もぱっと開けるのも好きですね」。会社をリタイアした現在は鎌倉高校OB会の役員を務めたり、歌のレッスンにダイビング、テニス、バンド活動と趣味も多彩だ。

 ○…今回のテーマは「ジャズのないKamakauraなんて…」。回を重ねるごと「鎌倉になくてはならないコンサート」に。15周年を迎える来年は「特別ゲストも考えなきゃいけませんね」。来月からは、早くも次回の構想も進める。鎌倉でジャズにふれ、魅了された、という人はこれからも増えていきそうだ。
 

鎌倉版の人物風土記最新6件

吉井 瑞穂さん

オーボエ奏者でコンサートシリーズ「レゾナンス『鎌倉の響き』」を主催する

吉井 瑞穂さん

3月16日号

藤田 萌子さん

「神奈川県警察逮捕術大会」女子個人戦で優勝した

藤田 萌子さん

3月9日号

小岩 裕一さん

鎌倉宮の宮司を務める

小岩 裕一さん

3月2日号

近藤 奎五さん

今年で第10回を迎えた鎌倉子供囲碁大会の実行委員長

近藤 奎五さん

2月23日号

檜本 利夫さん

腰越まちづくり市民懇話会の会長を務める

檜本 利夫さん

2月16日号

谷山 綾子さん

低出生体重児向けの肌着を企画、販売している

谷山 綾子さん

2月9日号

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

光明寺で恒例の観桜会

光明寺で恒例の観桜会

フリマ 抹茶席 山門公開も

3月31日~4月1日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク