鎌倉版 掲載号:2011年1月28日号
  • googleplus
  • LINE

1月17日に発足した「鎌倉に震災銭湯をつくる会」の代表 岩井 健作さん 市内二階堂在住 77歳

「銭湯」から震災を考える

 ○…阪神・淡路大震災の被災経験から、「銭湯は地域のつながりを維持するのに大きな役割を果たす」と語る。今回、市浴場組合が提案する防災拠点としての「震災銭湯」構想に賛同し、代表を引き受けた。

 ○…地震発生当時、居住していた神戸市中央区の花隈町は、比較的被害が少なかったという。それでもガスが復旧したのは3カ月後。家は倒壊せずとも風呂には入れない。自衛隊の簡易風呂には入浴希望者の長蛇の列。「野営用であって衛生的にも問題があった」。風呂の付いた仮設住宅も設置されたが、ガス代は利用者負担で、多くの入居者が「もったいない」と利用を控えた現実もあったという。

 ○…仮設住宅は、各地区からの当選者が入居したため、隣近所は知らない人同士。「地域がバラバラに。結局、貧乏人が苦労する」とぽつり。「長田地区で銭湯再開の一報が入り、みんな行きました。仲間に会えるからです」。「コミュニティーの回復に銭湯が一役買った。この意味を行政はしっかり考えるべきです」。

 ○…現在は、明治学院教会の牧師とし、年50回以上の「説教」を行う。同志社大学神学部大学院を卒業後、日本基督教団の牧師として、広島・呉・岩国を巡り、最後の神戸には24年間も従事した。「ゆっくりしたい」と02年にリタイアし、妻の両親が住んだ鎌倉へ。

 ○…仕事の合間をみてはキャンバスに向かう。江ノ電や鎌倉の小路を題材に、時折筆をとる。神戸市を代表する洋画家で信者でもあった小磯良平氏について、「本を書きたい」といずれ出版予定だ。

 ○…一貫して弱者に光を当てる。「自らが救済を実践しなければ」と語気を強めた。「地震はいつか必ず来る。その時にいかに人間らしさを創り出すか。人とのふれ合いを回復する銭湯は、その手段の一つです」。震災銭湯を声高に訴えることで、「一人でも多くの人が、震災を考えるきっかけになれば」と語った。
 

鎌倉版の人物風土記最新6件

吉井 瑞穂さん

オーボエ奏者でコンサートシリーズ「レゾナンス『鎌倉の響き』」を主催する

吉井 瑞穂さん

3月16日号

藤田 萌子さん

「神奈川県警察逮捕術大会」女子個人戦で優勝した

藤田 萌子さん

3月9日号

小岩 裕一さん

鎌倉宮の宮司を務める

小岩 裕一さん

3月2日号

近藤 奎五さん

今年で第10回を迎えた鎌倉子供囲碁大会の実行委員長

近藤 奎五さん

2月23日号

檜本 利夫さん

腰越まちづくり市民懇話会の会長を務める

檜本 利夫さん

2月16日号

谷山 綾子さん

低出生体重児向けの肌着を企画、販売している

谷山 綾子さん

2月9日号

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

光明寺で恒例の観桜会

光明寺で恒例の観桜会

フリマ 抹茶席 山門公開も

3月31日~4月1日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク