鎌倉版 掲載号:2011年1月28日号
  • googleplus
  • LINE

江ノ島電鉄(株) 105万円を寄付 環境保全に藤沢市にも

経済

松尾市長に寄付(提供:鎌倉市)
松尾市長に寄付(提供:鎌倉市)

 江ノ島電鉄(株)(深谷研二社長)は全線開通100周年の社会貢献活動の一環として今月21日、鎌倉と藤沢の両市に105万6500円ずつを寄付した。当日、深谷社長が鎌倉市役所を訪れ、松尾崇市長に寄付金を手渡した(写真)。

 同社が定期乗車券発売枚数に応じた金額(1枚につき100円)を、地域の環境保全に役立ててもらおうと実施したもので、鎌倉市は一般廃棄物処理施設の建設基金に、藤沢市は環境基金にあてられる。

 深谷社長は同日午後、藤沢市役所も訪れた。

 同社は、1900(明治33)年に前身の江之島電気鉄道(株)が設立、02(明治35)年に藤沢と片瀬(現江ノ島駅、藤沢市)間が開通し、10(明治43)年には藤沢と小町(後に鎌倉と改称)間が開通し、全線開業となる。現在、藤沢・鎌倉間の全長約10キロメートルを34分間で結ぶ。

 鉄道業の他に、バスやタクシーなどの一般乗合業、不動産業、観光業を手がけている。
 

鎌倉版のローカルニュース最新6件

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

光明寺で恒例の観桜会

光明寺で恒例の観桜会

フリマ 抹茶席 山門公開も

3月31日~4月1日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク