鎌倉版 掲載号:2011年2月4日号
  • googleplus
  • LINE

意見交換が糸口に 認知症の地域支援フォーラムで

社会

グループに分かれ、参加者同士で話し合いも(市福祉センターで)
グループに分かれ、参加者同士で話し合いも(市福祉センターで)

 認知症を地域で支えようというフォーラムが先月29日、市福祉センターで行われ一般市民を中心に約180人が参加した。

 「認知症になっても大丈夫なまちづくりとは?」をテーマに講演した認知症介護研究・研修東京センターの永田久美子研究副部長は講演後の取材に対し、「認知症は特別な病気ではない」として、「いかに残された能力で充実した生活を送れるか。前向きに考えなければならない」と話した。

 また「市民をはじめ、医者や行政などそれぞれの立場の人が話し合うことで、地域で支える環境づくりにつながる」と語り、今回の様な意見交換の場の大切さを指摘した。

 フォーラムは鎌倉市市民健康課と高齢者いきいき課の主催、ほか4団体の共催。
 

鎌倉版のローカルニュース最新6件

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

光明寺で恒例の観桜会

光明寺で恒例の観桜会

フリマ 抹茶席 山門公開も

3月31日~4月1日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク