鎌倉版 掲載号:2011年2月11日号
  • googleplus
  • LINE

宙舞う福豆 求め大勢 節分祭 市内各寺社で

文化

舞殿で年男年女、崇敬者らが豆まき(鶴岡八幡宮)
舞殿で年男年女、崇敬者らが豆まき(鶴岡八幡宮)

 2月3日の節分の日に、市内各寺社で除魔の行事である豆まきが行われた。

 鶴岡八幡宮(市内雪ノ下)では「節分祭」が執り行われ、境内舞殿では武家の礼服「大紋」を身にまとった年男年女ら約100人が、500kg、約4万袋の福豆を勢いよくまいた。その福豆を手にしようと約1500人の参拝者が詰めかけた。

 豆まきには、年男年女をはじめ、ミス鎌倉の3人も参加。晴天に恵まれ、賑わいをみせていた。

 豆まきが行われるにあたり、神職による祭典が本殿で執り行われ、その後、舞殿で「鳴弦式(めいげんしき)」。この儀式は、弓を手にした衣冠装束の2人の神職が、四方に弓を引き、その弾いた弦の音で魔を祓うというもの。静まり返った境内に、弓の弦の「ブンッ」という音が響いた。

 節分の日は、季節の改まる日として、古来より重視されてきた。豆まきの行事は、日本の伝統文化として全国的に行われている。
 

福豆を手にしようと大勢の参拝者ら
福豆を手にしようと大勢の参拝者ら

鎌倉版のローカルニュース最新6件

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

光明寺で恒例の観桜会

光明寺で恒例の観桜会

フリマ 抹茶席 山門公開も

3月31日~4月1日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク