鎌倉版 掲載号:2011年2月25日号
  • googleplus
  • LINE

写真展「アフガニスタンの大地と子どもたち」を本日から3日間、今小路クラブで開催する 佐川 曜子さん 写真展実行委員長 31歳

まずは行動 そして考える

 ○…2008年に赴任先のアフガニスタンで凶弾に倒れた伊藤和也さん(享年31歳)。パキスタンやアフガニスタンで支援活動を行う「ペシャワール会」の一員として灌漑用水や農業支援に従事。その伊藤さんの純粋な想いにふれ「何かを感じてもらいたい」と写真展を企画した。

 ○…伊藤さん本人が撮影した写真から、支援活動の様子を収めたもの、また説明パネルや地図をはじめ、伊藤さんがペシャワール会入会にあたり書いた作文など、約50点が並ぶ。26・27日には、アフガニスタンでともに活動した進藤陽一郎さんも訪れる。

 ○…写真展前日の24日は、3年前に亡くした友人の命日。その友人への追悼の意を込める。伊藤さんを取り上げたのは、「ペシャワール会」のウェブサイトに掲載されていた母親の文章を読んだのがきっかけ。「人が亡くなるってことは、そういうことなんだ」と、その息子へのまっすぐな想いに心打たれたという。「伊藤さんの写真展をやりたい」、そう思い立ち、すぐに進藤さんに連絡を取った。進藤さんとは草の根支援の民間開発団体「アジア学院」(栃木県那須塩原市)で、ともにボランティア活動を行った仲だった。その後、進藤さんの紹介もありトントンと準備が進んだ。

 ○…普段は知的障害者の入所施設で働く。学校卒業後、一般企業に就職するも2年で辞め、その後は福祉系の仕事に。「今の方が居心地がいい」と話す。08年に出身の栃木県大田原市から北鎌倉へ。昨年6月に「環境を変えよう」と現在は二宮町に住む。父親が若い頃に青年海外協力隊に参加していたこともあり、その影響から元々国際支援に関心があったようだ。

 ○…「根拠のないポジティブ」と自身を説明する。「思うとすぐに行動しちゃうんです」と笑った。写真展については、「来場者とともにつくり上げたい。子どもにも見てもらいたいですね」と声を弾ませた。
 

鎌倉版の人物風土記最新6件

吉井 瑞穂さん

オーボエ奏者でコンサートシリーズ「レゾナンス『鎌倉の響き』」を主催する

吉井 瑞穂さん

3月16日号

藤田 萌子さん

「神奈川県警察逮捕術大会」女子個人戦で優勝した

藤田 萌子さん

3月9日号

小岩 裕一さん

鎌倉宮の宮司を務める

小岩 裕一さん

3月2日号

近藤 奎五さん

今年で第10回を迎えた鎌倉子供囲碁大会の実行委員長

近藤 奎五さん

2月23日号

檜本 利夫さん

腰越まちづくり市民懇話会の会長を務める

檜本 利夫さん

2月16日号

谷山 綾子さん

低出生体重児向けの肌着を企画、販売している

谷山 綾子さん

2月9日号

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

光明寺で恒例の観桜会

光明寺で恒例の観桜会

フリマ 抹茶席 山門公開も

3月31日~4月1日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク