鎌倉版 掲載号:2011年3月11日号
  • googleplus
  • LINE

"ノー"と言える勇気を 大船RC 中学で薬物乱用防止の講演会

教育

「ダメ。ゼッタイ。」を評語に
「ダメ。ゼッタイ。」を評語に

 鎌倉大船ロータリークラブ(大船RC・佐藤博彦会長)は先月28日と今月2日、市立玉縄と岩瀬の両中学校で「薬物乱用防止」の講演会を行った。

 28日の玉縄中では、県立精神医療センターせりがや病院(横浜市)心理・相談課の大曽根しのぶさんを講師に、卒業を控えた3年生164人を対象に行われた。大曽根さんは、覚せい剤などの薬物中毒患者を診てきた経験から、「薬物を一度使用するとエスカレートし、脳も身体もズタズタになる」とその恐ろしさを語った。特に人格形成に大切な思春期における薬物乱用は、大きな影響があるとして警鐘を鳴らした。また、「親がとても厳しい」など理由を挙げて、誘われたら断わる「ノー」と言える勇気を持つように呼びかけた。

 同席した大船警察署の副島勝刑事課長は、過去に担当した事件を例に、10年間薬物を使用していなかった人が「フラッシュバック」症状で妻を殺害したという事例を紹介し、「薬物は家族も巻き込んでめちゃめちゃになる」として、薬物乱用の危険性を語った。

 この講演は、毎年大船RCが主催するもので、中学校からの要請を受け、病院や警察の協力により開催している。
 

鎌倉版のローカルニュース最新6件

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

光明寺で恒例の観桜会

光明寺で恒例の観桜会

フリマ 抹茶席 山門公開も

3月31日~4月1日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク