鎌倉版 掲載号:2011年3月18日号
  • googleplus
  • LINE

悲しみを教訓に

 ▼未曾有の大災害に見舞われてしまった。心の琴線にふれる美しくも温かな東北地方のお国言葉が涙を誘う。辛く長い冬を抜け、桜咲く季節を心待ちにしていたお年寄り。新たな人生のスタートに胸膨らませていた若者。新品のランドセルを背負い入学式を心待ちにしていた子どもたち。人々のささやかな夢や希望を巨大津波が容赦なくのみ込んでいった。

 ▼被災された方々に衷心よりお見舞いを申し上げるとともに、悲しみを我がことと受け止め、復興へ向けともに手を携えていくことを心に誓いたい。

 ▼私たちは、地域メディアとして行政や関係機関等から発せられる様々な情報を精査し、正確に市民に伝える使命がある。義援金や物資援助など、被災地支援の動きや呼びかけも積極的に報じていく。

 ▼湘南地域は今後、いつ直下型の巨大地震が襲ってくるとも限らない。その備え、市民の防災意識向上に寄与することこそ、無念にも志半ばにして亡くなられた方々へ報いる我々が成すべきことと考える。市民の皆様には、紙面を通じ発する防災情報、訓練への呼びかけなどに積極的にご参加いただくことをお願いしたい。

 ▼鎌倉は人々の意識が高く、災害に対してもその別ではない。一人暮らしの高齢者など、皆が今まで以上に地域への関心を高め、地域の互助システムを確立していかなければならない。

 ▼さしあたり、できることは何か。

 ▼ライフラインが寸断され携帯電話など通信手段は機能しないことがわかった。家族で、もしもの時に連絡を取り合う手段、避難場所などを確認しておこう。ラジオや懐中電灯、頭上を守るヘルメット、寒さに備えた衣類、飲料水、一定の食料…など、改めて防災グッズを確認準備しておくことが肝要だ。街ではガソリンやコンビニの品薄状態が続いている。本当に必要な人は沢山いる。様々な流言飛語に惑わされることなく冷静に判断をしよう。

 ▼こんな時である。豊か過ぎた生活を省みて、電気やガスのない生活を送ることも大切なことだ。
 

鎌倉版のローカルニュース最新6件

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

光明寺で恒例の観桜会

光明寺で恒例の観桜会

フリマ 抹茶席 山門公開も

3月31日~4月1日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク