鎌倉版 掲載号:2011年3月18日号
  • googleplus
  • LINE

東北関東大地震 停電など影響甚大

地震発生直後、JR鎌倉駅は人でごった返した
地震発生直後、JR鎌倉駅は人でごった返した

 地震発生直後、鎌倉市役所では職員が屋外に退避、騒然とした雰囲気となった。市役所前の商工会議所でも、急いで屋外に避難する職員の姿が見られた。

 鎌倉市を経て現在商工会議所事務局長を務める石井潔さん(64)は、「40年鎌倉で働いているが、私が経験した中で一番の揺れ」と目を丸くしていた。午後3時半ごろには、停電の影響で市役所は業務を停止した。

 市総合防災課によると12日午後11時半現在で、ブロック塀や大谷石の壁の倒壊、瓦のはく離など、28件の被害が報告されている。また、釈迦堂切通し(市内大町)では、30〜40㎥の土砂崩れがあったという。

 14日の週明けからは、電力確保に伴う「計画停電」や流通の影響などから、市教委は16・17日の両日、市立小中学校の給食中止を決定した。また、各施設も休止の影響があり、利用する場合は事前確認が必要だ。

市、義援金受付け

 鎌倉市では被災地への義援金を受け付けている。受付場所は、市役所ロビー、腰越・深沢・大船・玉縄の各支所、鎌倉生涯学習センター、市福祉センターの計7カ所。原則として日本赤十字社を通じて募金する予定(14日現在)。

 今月11日に発生した東北関東大地震は、鎌倉市内でも大きな影響を及ぼしている。直後には市内全域で停電し、信号や踏切も機能せず、鎌倉駅は電車の利用者でごった返した。市総合防災課によると、人的被害は発生していないものの、ブロック塀の倒壊など市内28カ所で被害があった(同12日午後11時半現在)。
 

鎌倉版のトップニュース最新6件

「伝統文化発信の拠点に」

市内の書家小山渚さん

「伝統文化発信の拠点に」

3月16日号

毎日の運動がポイントに

鎌倉市

毎日の運動がポイントに

3月16日号

「日比谷花壇」が新愛称に

フラワーセンター

「日比谷花壇」が新愛称に

3月9日号

地域と連携 詐欺防止へ

鎌倉警察署

地域と連携 詐欺防止へ

3月9日号

「泣塔」で住民主体の慰霊祭

「手作り」ジャズ祭20回目

Jazz in鎌倉

「手作り」ジャズ祭20回目

3月2日号

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

光明寺で恒例の観桜会

光明寺で恒例の観桜会

フリマ 抹茶席 山門公開も

3月31日~4月1日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク