鎌倉版 掲載号:2011年3月25日号
  • googleplus
  • LINE

飲食店ビルとしては市内唯一、消防管理が厳しい「特例認定」を受けるビルのオーナー 矢島 紀男さん 葉山町在住 68歳

安全確保に手は抜かない

 ○…「同じやるなら、しっかりやろう」。3年前から管理会社とともにビルの消防管理に取り組んできた。その実績から、昨年11月に飲食店ビルでは市内第1号の「特例認定」となった。

 ○…高校卒業後、ホテルでコックを経験し、その後は逗子で兄が経営していたスーパーマーケットへ。大船駅前でテナントビル経営を始めたのは1994年のこと。「子どもの頃からコックの姿をみてカッコイイと思っていた。若者に腹いっぱい食べてもらいたい」と、そのビルでステーキ屋を始めた。それが、現在ステーキチェーン店と知られる「ペッパーランチ」の第1号店だった。

 ○…同店との出会いは94年、ホテル・レストランショーでのこと。電磁調理器を使ったビジネスプランを出展していた創業者と意気投合し、1号店を任された。「とっても繁盛しましたよ。すごかった」。その後、創業者との方向性の違いから昨年3月に店を閉じ、現在は同所で娘を店長にとんかつ専門店を展開する。

 ○…ビール瓶のケースや掃除道具を階段に置くなど、避難経路が確保されていない飲食ビルが多いのが現状だという。「まずはお客様の安全を確保しなければならない」との思いから、手間のかかる消防管理に取り組んだ。テナントに頭を下げ理解を求めた。その結果、「100%受け入れてくれた。テナント様のおかげ」と話す。

 ○…生まれも育ちも葉山。以前はヨットでよく海に出たという。「今もたまには逗子マリーナに行きますよ」と微笑んだ。娘がバレエを習っていた影響から、「クラシック音楽が好きになりましたね」。

 ○…日々、月1回の検査など、「特例認定」は消防管理に手間がかかる。しかし「このレベルは決して落としてはいけない。当たり前のことをしているだけ」と語気を強めた。「今回の震災で意識を新たにした」と、平時からの備えの重要性を訴えた。
 

鎌倉版の人物風土記最新6件

吉井 瑞穂さん

オーボエ奏者でコンサートシリーズ「レゾナンス『鎌倉の響き』」を主催する

吉井 瑞穂さん

3月16日号

藤田 萌子さん

「神奈川県警察逮捕術大会」女子個人戦で優勝した

藤田 萌子さん

3月9日号

小岩 裕一さん

鎌倉宮の宮司を務める

小岩 裕一さん

3月2日号

近藤 奎五さん

今年で第10回を迎えた鎌倉子供囲碁大会の実行委員長

近藤 奎五さん

2月23日号

檜本 利夫さん

腰越まちづくり市民懇話会の会長を務める

檜本 利夫さん

2月16日号

谷山 綾子さん

低出生体重児向けの肌着を企画、販売している

谷山 綾子さん

2月9日号

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

光明寺で恒例の観桜会

光明寺で恒例の観桜会

フリマ 抹茶席 山門公開も

3月31日~4月1日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク