鎌倉版 掲載号:2011年4月22日号
  • googleplus
  • LINE

鳩サブレー1万枚に想い込め 鎌倉と逗子・葉山のRCが被災地支援に

社会

250枚入りの箱を次々にトラックに運びこぶRCメンバー(今月14日、豊島屋笛田工場)
250枚入りの箱を次々にトラックに運びこぶRCメンバー(今月14日、豊島屋笛田工場)

 東日本大震災の被災地へ救援物資を―。今月14日、鎌倉と逗子・葉山地域の6つロータリークラブ(RC)が共同で、鎌倉の銘菓「鳩サブレー」1万枚(100万円相当)を岩手県の大船渡RCに送った。

 豊島屋の笛田工場に各RCのメンバーが集まり、手分けして鳩サブレーの箱をトラックに運び込んだ。

 この救援物資搬送を担当した鎌倉RCの佐藤信義さんは、「被災地のことをよく分かっている地元のRCを通せば、必要なところにすばやく行き渡る」として、大船渡RCに託した。また、「送り先の意向をしっかり確認して、会員でもある豊島屋の鳩サブレーに決めた。これが、少しでも被災者の支援になれば」と話した。運送は(株)サンエイ(市内常盤)が担った。

 参加したRCは、鎌倉・逗子・鎌倉大船・鎌倉北・葉山・鎌倉中央の6つのクラブ。これらのクラブは、県下、2780地区(川崎市と横浜市を除く地域)の第2グループに属する。
 

鎌倉版のローカルニュース最新6件

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

光明寺で恒例の観桜会

光明寺で恒例の観桜会

フリマ 抹茶席 山門公開も

3月31日~4月1日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク