鎌倉版 掲載号:2011年4月22日号
  • googleplus
  • LINE

春の景色をお届け 県立フラワーセンター

中央広場を彩るチューリップ(今月14日撮影)
中央広場を彩るチューリップ(今月14日撮影)

 神奈川県立フラワーセンター大船植物園(市内岡本)では春の花々が咲き誇っている。家族連れなどに特に人気なのはチューリップ。例年では開花は3月下旬頃だが、今年は2・3月の低温により1週間ほど遅れている。

 園内の花壇には17品種、約1万2000球のチューリップが植えられている。今は赤い「カンフー」が満開。4月下旬から連休にかけてはオレンジ色でユリ咲きの「バレリーナ」が見ごろとなる。

 園内には春の景色を写真におさめようとするカメラマンの姿も多い。

 同センターでは「晩生のチューリップの他にもゴールデンウィークにはボタンやハンカチの木、しゃくやくなども見ごろになる」と話す。

 定休日は毎週月曜だが、連休期間中(4月29日から5月8日)は休まず開園する予定。

 問・同センター【電話】0467(46)2188
 

鎌倉版のローカルニュース最新6件

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

光明寺で恒例の観桜会

光明寺で恒例の観桜会

フリマ 抹茶席 山門公開も

3月31日~4月1日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク