鎌倉版 掲載号:2011年4月22日号
  • googleplus
  • LINE

お囃子に乗せて募金呼びかけ 「台祭囃子保存会」のチャリティーライブ

文化

子どもたちの笑顔と音色に誘われて募金に協力
子どもたちの笑顔と音色に誘われて募金に協力

 大船のブックオフ前で、今月16日「台祭囃子保存会」による、チャリティーばやしが行われ、東日本大震災の被災者への義援金を呼びかけた。

 太鼓や小太鼓、笛のにぎやかな音色に足をとめた通行人や買い物客らが、募金に協力していた。

 同保存会では、地元の子どもたちへ、台地区の祭囃子を指導しており、この日は小・中学生を中心に20人ほどが参加。「鎌倉」「四丁目」「昇殿」といった曲を演奏し、台の神明神社で練習を積んだ成果を披露した。軽快にくるくる回るバチなど、見た目にも迫力がある。

 同会の小野田康成さんは、「お囃子は、世の中を明るくする音楽です。わずかながらでも私たちができることをと考え、子どもたちと、お囃子によるチャリティ募金を企画しました」と話した。

 4月23日(土)にも同所で開催。午後1時30分から。
 

鎌倉版のローカルニュース最新6件

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

光明寺で恒例の観桜会

光明寺で恒例の観桜会

フリマ 抹茶席 山門公開も

3月31日~4月1日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク