鎌倉版 掲載号:2011年4月29日号
  • googleplus
  • LINE

義援金に餅ふるまい 小町商店会がミカエル教会で

社会

募金箱のすぐ近くで餅つき
募金箱のすぐ近くで餅つき

 小町通りの聖ミカエル教会で今月26日、「東日本大震災復興支援チャリティもちつき」が行われた。鎌倉小町商店会(高橋令和会長)が、「震災に対して我々ができることをしよう」と企画した。

 会場で義援金を募り、つきたての餅を振る舞うというもの。商店会メンバーが順番に、「よいしょっ、よいしょっ」という掛け声とともに、力いっぱい杵を振り下ろしていた。

 会場には、地元住民をはじめ観光客らの姿が見られ、募金箱は千円札で底が見えないほどに。今回集められた募金は、すべて鎌倉市社会福祉協議会を通して被災地に送られる。

 同商店会では、阪神淡路大震災をはじめ、新潟県の中越沖地震でも同様のチャリティ餅つきを開催している。ミカエル教会での開催は初めて。同教会の吉川智之牧師は、「復興支援のチャリティということもあり、会場を提供させていただいた」と話した。

 餅は、きな粉・あんこ・大根おろしの味付けで、それぞれ一つずつが入ったもので一パック。商店会会員らが手作業で味付けを行っていた。
 

鎌倉版のローカルニュース最新6件

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

光明寺で恒例の観桜会

光明寺で恒例の観桜会

フリマ 抹茶席 山門公開も

3月31日~4月1日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク