鎌倉版 掲載号:2011年4月29日号
  • googleplus
  • LINE

食から鎌倉の魅力 再発見 商議所「食の二十四節気」を発行

文化

食の歴史をひも解く
食の歴史をひも解く

 鎌倉の食の歴史などを紹介した冊子「鎌倉・食の二十四節気 食の歴史と季節のレシピ」が今月末に鎌倉商工会議所から発行された。A5サイズ32頁、無料。同商議所窓口で配布する。

 鎌倉武士の献立から江戸時代や明治、またそれ以降の食の変遷についてイラスト入りで分かりやすく説明している。出土品をもとにした器の歴史、また鎌倉の「食にまつわるアラカルト」として、「雪ノ下」や「ぼたもち寺」などの名の由来説明も充実している。

 鎌倉でとれる四季折々の食材も紹介され、それらの食材を使った1月から12月までの「季節レシピ」20種類も写真入りで掲載されている。例えば5月のころは、「冷やしトマト」(立夏)に「しっとりおからのサラダ」(小満)、6月のころは「鎌倉野菜のぬかみそ」(夏至)や「かわり夏鮎」(芒種)を紹介している。

 監修は、元神奈川県立歴史博物館学芸部長で元鎌倉女子大学教授の八幡義信さんが務めた。
 

鎌倉版のローカルニュース最新6件

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

光明寺で恒例の観桜会

光明寺で恒例の観桜会

フリマ 抹茶席 山門公開も

3月31日~4月1日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク