鎌倉版 掲載号:2011年5月20日号
  • googleplus
  • LINE

しっかり整備し南三陸町へ 自転車商組合、市の要請受け

社会

プロの技術で使える状態に
プロの技術で使える状態に

 市保管の自転車を被災地で使ってもらおうと先月27日、県自転車商協同組合鎌倉支部のメンバーが放置自転車を整備した。今月13日に社会貢献を行う民間団体「ユナイテッド・アース」を通して10台が宮城県南三陸町に送られた。

 整備した自転車は、市内に放置されたもので、すでに市に所有権があるもの。自転車商鎌倉支部が市からの要請を受けてブレーキやタイヤの部品交換などの整備を行った。田村満秋支部長は「しっかりと使える状態にして渡したい」と話していた。

 同支部では阪神淡路大震災時も、市が送る自転車を50台ほど整備している。
 

鎌倉版のローカルニュース最新6件

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

光明寺で恒例の観桜会

光明寺で恒例の観桜会

フリマ 抹茶席 山門公開も

3月31日~4月1日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク