鎌倉版 掲載号:2011年7月15日号
  • googleplus
  • LINE

鎌倉国宝館夏休み企画展 仏像の魅力に触れる 学芸員による解説も

文化

家族や友人と仏像の世界へ
家族や友人と仏像の世界へ

 仏像の魅力にふれる企画展「仏像入門〜ミホトケをヒモトケ!〜」が鎌倉国宝館(市内雪ノ下)で行われている。8月28日(日)まで。

 今回の企画展では国指定重要文化財、阿弥陀三尊像仏龕(英勝寺)など仏像作品約50点を展示。普段、寺社仏閣の奥に安置されている仏像を近くで目にすることができる。また、学芸員による展示品の解説(毎週土曜の午後2時)も行われ、種類やかたち、材質や作り方などが分かる企画となっている。

 開館は午前9時から午後4時30分まで。休館日は毎週月曜(7月18日は開館)と7月19日(火)。観覧料は一般400円、小・中学生は200円。ただし、鎌倉市内の小・中学生と、市内の65歳以上の人は無料となっている。また、同料金で平常展示の「鎌倉の仏像」も観覧できる。

 問【電話】0467(22)0753鎌倉国宝館
 

鎌倉版のローカルニュース最新6件

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

光明寺で恒例の観桜会

光明寺で恒例の観桜会

フリマ 抹茶席 山門公開も

3月31日~4月1日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク