鎌倉版 掲載号:2011年7月15日号
  • googleplus
  • LINE

神輿で賑わう夏 鎌倉祇園大町まつり

文化

祭囃子に乗って町内を回る神輿(7月9日大町)
祭囃子に乗って町内を回る神輿(7月9日大町)

 今月9日から11日の3日間、「鎌倉祇園大町まつり」が行われた。大町にある八雲神社を中心に、市内大町の町内各地を神輿が練り歩き、盛り上がりを見せた。地域の平和と繁栄を祈願する祭で、夏の恒例行事となっている。

 大町まつりの起源は平安時代にさかのぼる。平安時代後期の武士、新羅三郎義光が、鎌倉の住民を悪疫から救うため京都の祇園社に参り、難を逃れたことに由来する。これを記念し、八雲神社では毎年7月の第2土曜日に例大祭を行っている。大町の町内では3日間、「神輿ぶり」や「三ツ目」と呼ばれる盆踊り、くじの大会で賑わいを見せた。

 神輿の担ぎ手は「白だこ」という白いはき物や、烏帽子などを着用する。その姿は「白丁烏帽子」と呼ばれ、夏の町内に厳かな空気をもたらしていた。
 

鎌倉版のローカルニュース最新6件

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

光明寺で恒例の観桜会

光明寺で恒例の観桜会

フリマ 抹茶席 山門公開も

3月31日~4月1日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク