鎌倉版 掲載号:2011年7月15日号
  • googleplus
  • LINE

「命の川」世代越えて美しく 鎌倉西LC(ライオンズクラブ)が深沢高生徒らと新川清掃

社会

夏の日差しのなかで一所懸命に作業
夏の日差しのなかで一所懸命に作業

 市内の深沢地域を流れる新川の清掃が今月4日、鎌倉西ライオンズクラブ(石井満会長)の主催により行われた。今年で6回目。

 深沢小学校前や、中外製薬(株)周辺の2カ所で実施、同クラブのメンバーのほか、中外製薬の社員に深沢高校の生徒、老人クラブ「常盤きらく会」や市職員ら約170人が参加した。

 清掃にあたり石井会長は高校生たちに「昔、このあたりはすべて田んぼだった。新川は灌漑用水として深堀りし、地域の人たちの生活を支えてきた大切な財産」と新川が深沢地域にとっての「命の川」であることを伝え、若い世代に向け、地域へ貢献と興味のきっかけを伝えた。参加者たちは、川に入り缶やペットボトルなどのごみを集め、雑草の除去に汗を流した。

 また同日、同クラブによって1985年に寄贈された深沢行政センター入り口の時計が取り替えられ、新たに時を刻み始めた。
 

鎌倉版のローカルニュース最新6件

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

光明寺で恒例の観桜会

光明寺で恒例の観桜会

フリマ 抹茶席 山門公開も

3月31日~4月1日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク