鎌倉版 掲載号:2011年7月15日号
  • googleplus
  • LINE

十二所の公有地化 断念 市「緊急性が高いと言えない」

政治

 鎌倉市は、市内十二所の民有地について、公園用地として活用することを検討してきたが、先月30日に公有地化断念を発表した。同20日には土地所有者側に、また同24日には公園整備を望んでいた十二所町内会に対して通知している。

 この問題は、市内城廻にある第一種住居専用地域の市有地(約690平方メートル)の一部と、十二所の民有地(約3300平方メートル)を等価交換し、十二所を公園とする計画において、不透明な土地価格評価などが新聞報道で指摘されていた。

 松尾崇市長は、十二所町内会に対し、公園設置について「市を取り巻く課題の中で緊急性が高いと言える状況にありません」と断念した理由を説明した。
 

鎌倉版のローカルニュース最新6件

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

光明寺で恒例の観桜会

光明寺で恒例の観桜会

フリマ 抹茶席 山門公開も

3月31日~4月1日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク