鎌倉版 掲載号:2011年7月15日号
  • googleplus
  • LINE

鎌倉ライオンズクラブ 会長 寒河江 清氏【(株)エルダーホームケア】

 設立から45周年目を迎える今年について「半世紀、50周年に向けての土台作りを始めていかなかればならない大切な時期。ライオンズクラブの存在意義を常に考えながら動いていきたい」と抱負を語る。

 今期のテーマには「相手を理解し、敬意と奉仕」を掲げ、地域に根ざした奉仕活動を行っていく。30年以上に渡る継続事業の少年野球や、盲導犬育成の募金活動、大船のイトーヨーカドー前での献血活動は引き続いて実施していく。

 新たに計画しているのが鎌倉ライオンズクラブ主催による「起業塾(仮称)」。その意義について「メンバーに、若い世代を応援したい気持ちがある。若く、意識の高い人たちが起業し、それがやがて鎌倉の地域経済の発展に広がることで、”地域貢献”へつなげていきたい」と熱く語る。また、後進を育成することで、やがてのクラブ会員増も見据える。【電話】0467(25)3137
 

鎌倉版のローカルニュース最新6件

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

光明寺で恒例の観桜会

光明寺で恒例の観桜会

フリマ 抹茶席 山門公開も

3月31日~4月1日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク