鎌倉版 掲載号:2011年7月22日号
  • googleplus
  • LINE

全国レベルの歌声に喝采 清泉女学院音楽部が演奏会

教育

夏らしい浴衣姿でのわらべうた披露に歓声も
夏らしい浴衣姿でのわらべうた披露に歓声も

 今月16日、満場の鎌倉芸術館大ホールを、清泉女学院音楽部(顧問・佐藤美紀子先生)の美しい歌声が包んだ。

 この日は、25回目となる同部の定期演奏会。清泉女学院音楽部は昨年、全日本合唱コンクール全国大会で中学・高校ともに金賞受賞の実績を持ち、また鎌倉市の文化功労賞を受賞するなど実力校として知られる。

 オープニングでは、生徒たちが浴衣で登場し、奄美諸島の島唄「一切朝花」や、和歌山県のわらべうた「えっさっさ」を歌い聴衆を湧かせた。この浴衣の演出は、2010年イタリアのセギッツィ国際合唱コンクールの出場時を再現したもの。

 メインとなった「《PSALMUS》(詩篇)」は、作曲家の鈴木輝昭氏が同部へ寄せた委嘱作品。旧約聖書をもとに書かれた曲で、神への賛美や信仰、絶望から希望へと歌いつなぐ。完成記念として披露され、卓越した美声に、会場からは万雷の拍手が贈られた。
 

鎌倉版のローカルニュース最新6件

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

光明寺で恒例の観桜会

光明寺で恒例の観桜会

フリマ 抹茶席 山門公開も

3月31日~4月1日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク