鎌倉版 掲載号:2011年7月22日号
  • googleplus
  • LINE

神輿を担いで海開き 石上神社の例祭

文化

はっぴを脱いで、沖合いまで神輿を担ぎいれる
はっぴを脱いで、沖合いまで神輿を担ぎいれる

 今月18日、石上神社(市内坂ノ下)の例祭が執り行われた。神社から坂ノ下の海岸に神輿を運び出し、お清めの神事を行った後、神輿を担いで海の中へ。毎年、沖合いに出た神輿を船に乗せて800メートルほど運ぶが、当日は台風接近もあって中止となった。地域で長年受け継がれている「天王唄」を歌いながら海から引き上げて行く。

 石上神社は坂ノ下の御霊神社境内にある大きな石を安置した社。300年前、坂ノ下の浜に大きな岩礁があり、多くの船がここに乗り上げて難破したという。この事態を鎮めるため、岩礁を引き上げ御霊神社内に安置。以降、毎年夏に海の霊を供養するため坂ノ下の町内で祭が開かれ、明治以降、海開きの行事となった。

 15人の祭典部で運営される、小規模ながら地域に強く根付く祭。祭典部の原実部長は「小さいころから毎年夏の楽しみ。小学生の時は学校を早退してまで参加した」と話した。
 

鎌倉版のローカルニュース最新6件

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

光明寺で恒例の観桜会

光明寺で恒例の観桜会

フリマ 抹茶席 山門公開も

3月31日~4月1日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク