鎌倉版 掲載号:2011年7月29日号
  • googleplus
  • LINE

三世代交流の場に 材木座で小学生の木工教室

世界に一つだけの作品づくりに没頭
世界に一つだけの作品づくりに没頭

 今年で5年目となった材木座地区の「夏休み小学生勉強会」が今月21日から3日間、材木座公会堂で行われた。同地区の市立第一小学校児童をはじめ、私学や横浜国大附属小に通う小学生のべ約250人が参加し、木工制作や夏休みの宿題に取り組んだ。

 第一中学校の美術部・理科部の生徒や保護者、地域の有志らが小学生の指導にあたり、木材にあふれた公会堂前の駐車スペースでは、カナヅチの音が響いた。

 地域の指導者は60、70歳代、そして保護者も参加とあって、同地区社会福祉協議会の秋林邦子さんは「子どもから親、祖父母の年齢まで、三世代交流です」と話していた。

 同地区の第一小の児童数は、今年4月1日現在で昨年同期より7人増の341人と、同地区では子育て世代が増えているようだ。
 

鎌倉版のローカルニュース最新6件

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

光明寺で恒例の観桜会

光明寺で恒例の観桜会

フリマ 抹茶席 山門公開も

3月31日~4月1日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク