鎌倉版 掲載号:2011年8月19日号
  • googleplus
  • LINE

行灯持って脱原発 ”8月6日”のパレード

社会

「原発いらない、未来がほしい」と声をあげる
「原発いらない、未来がほしい」と声をあげる

 広島への原爆投下から66年目となる今月6日、鎌倉で脱原発を訴える市民らの団体「イマジン原発のない未来」によるパレードが行われた。行灯を持って約200人が行進。大船観音寺にある「原爆の火」から譲り受けた炎をひとつひとつに灯した。「53年前の今日、日本で最初に平和都市宣言を採択した鎌倉だからこそ、平和に向けて気持ちをひとつに」と松尾崇市長も挨拶に駆けつけた。

 同団体は震災後に鎌倉の商店主を中心に設立。4月より毎月1回、同様のパレードを行っており、今回をもって定期開催を一区切りとした。
 

鎌倉版のローカルニュース最新6件

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

光明寺で恒例の観桜会

光明寺で恒例の観桜会

フリマ 抹茶席 山門公開も

3月31日~4月1日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク